ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノは違法?合法?逮捕されない理由とは

どうも、カボチャです!

今回は、ベラジョンカジノをはじめとしたオンラインカジノが違法なのか?合法なのか?

どうして逮捕されないのか?を解説していきたいと思います。

 

不安な気持ちを抱えたまま、オンラインカジノを楽しく遊ぶ事は出来ません。

安心安全に楽しくプレイをしていく為にも、

今回の記事はお読みください!

 

簡単に要点をまとめますと、

 

・現時点では、ベラジョンカジノ、オンラインカジノというのは”グレー”です。

つまり合法でも違法でもないという事です。

 

・過去に他のオンライカジノサイトを利用して逮捕された人がいます。

ですが、同時に不起訴つまり”お咎めなし”になった人もいます。

 

・現在、合法でも違法でもないベラジョンカジノで、逮捕される可能性はほぼないと私は思います。

 

 

結局、ベラジョンカジノは違法なの?合法なの?

結論から言いますと、先ほどもお伝えしましたが、

オンラインカジノ(ベラジョンカジノも含む)は、現在の日本の法律では「グレーゾーン」という事になります。

 

それは、オンラインカジノを違法とする法律が現時点では存在しないからです。

 

「違法」とは法律に反している事ですが、

そもそもその法律が存在していないのでオンラインカジノ(ベラジョンカジノを含む)=違法という事にならないのが現状です。

 

だからといって、合法なのか?というとそういう訳ではありません。

 

皆さん知っての通り、

日本ではギャンブル(賭博)は法律で禁止されています。

 

ですが、パチンコはどうでしょうか?

三点方式とやらで違法になってませんよね?

 

海外でカジノを利用するのはどうでしょうか?

日本に帰国して逮捕される事はないですよね。

 

それらを同じようなもので、

海外に拠点のあるオンラインカジノをプレイする事は、

現時点の日本の法律では違法にはなりません。

 

ですが、グレーゾーンという事は、

もしかしたら今後、日本の法律が整備されてオンラインカジノの法律が出来るかもしれません。

 

そうなったら、

法律に従いましょう。

 

大手のオンラインカジノサイトは大丈夫ですが、

小さいものだと”日本”が運営しているサイトは、

海外拠点ではない可能性があるので、

 

怪しいオンラインカジノサイトは利用しないようにして下さい。

それは、賭博法違反で捕まるかもしれないので。

 

ベラジョンカジノのような大手オンラインカジノで遊んでいる限り、

現時点の日本で捕まることはないと思います。

 

過去にオンラインカジノで逮捕された事件について

こういう事件もありましたが、

という感じで違法ではなくグレーだという事を覚えておいて下さい。

 

2015年にイギリスのオンラインカジノを利用していた日本人3人が、

京都府警に逮捕されました。

 

オンラインカジノの運営会社はイギリスにあり、

日本人はこれを日本国内で利用していて京都府警に逮捕されたという事件です。

 

逮捕された3人中2人は略式起訴で罰金刑になりました。

 

略式起訴とは、罪を認めるから正式な裁判で争わずに事件を終わりにします。

という罪の軽い罰金刑などで適用される事です。

 

ただ、最後の1人は罪を認めずに、

略式起訴にも応じませんでした。

 

そして、最後の1人は逮捕から10か月後に不起訴となりました。

 

不起訴ということは裁判にかけられなかったという事です。

 

つまり、

裁判で無実を勝ち取った!ではなく、そもそも裁判すらしていないという事です。

 

日本の刑事事件は、起訴されれば99.9%が有罪判決となると言われています。

 

京都府警は逮捕してから10か月もの間、このオンラインカジノの違法性を証明する為に

必死になって捜査をしていました。

 

しかし、

裁判で有罪にできる見込みがなかったので仕方なく不起訴としたわけです。

 

では、先の2人はどうして略式起訴になったのか?

 

推測ですが、警察から「罪を認めれば、罰金払って終わりになるよ(笑)」とかそそのかされたのだと言われています。

 

例えばですが、

痴漢事件でも本当はやっていないのにも関わらず、「罪を認めれば~」とかあるあるですよね。

 

こんなあるあるは嫌ですけどね。

今回の事件も似たようなものです。

 

最後の1人がオンラインカジノによる賭博罪を認めないので、

警察は捜査を進めて起訴するしか選択肢がありませんでした。

 

でも、その結果が有罪に持ち込める証拠が見つからずに不起訴。

 

不起訴とは早い話が無罪という事です。

 

また、言ってしまえば京都府警の誤認逮捕という事になりますね。

 

賭博罪は胴元(運営者)を取り締まる法律

なぜ最後の1人が不起訴になったのか?を詳しく見ていきましょう。

 

日本の賭博罪というのは、

客よりも胴元(運営者)を取り締まる目的が強いのです。

 

もちろん、

客も賭博罪で逮捕されますが、その証拠に罪の重さが全然違ってきます。

 

胴元(運営者)には懲役刑が付きますが、

客の場合は罰金刑で済んでしまいます。

 

そして、ここからが今回のオンラインカジノ(ベラジョンカジノを含む)に違法性があるのか?というポイントになります。

 

最後の1人が不起訴になった理由としては、胴元である運営会社はイギリス国内で正式ライセンスを取得している会社だったからです。

 

どういう事かと言うと、

海外で正しく運営されているオンラインカジノ会社を日本の法律で違法だと言って取り締まる事は出来ないという事です。

 

そりゃ当然という話ですよね。(笑)

 

そうすると、

胴元の運営会社は逮捕できないけど、客の3人だけ逮捕して有罪!?

 

はい。賭博罪の主旨に反してしまいますよね。

 

何度も言いますが、

賭博罪というのは胴元である運営会社を取り締まる事を目的としています。

 

このような事から、

略式起訴に応じなかった最後の1人は不起訴となったという事です。

 

だからと言ってオンラインカジノが合法になったわけでない!

 

これだけは勘違いしないようにしましょうね。

これから法律が整備される事もあるので、

ニュースなどにはよくチェックしておきましょうね!

 

ベラジョンカジノは違法?合法なの?

 

では、話をまとめていきますね。

 

ベラジョンカジノの運営会社は、Dumarca Gaming Ltd。

ヨーロッパにあるマルタ共和国に拠点に置いています。

もちろんマルタ政府から正式ライセンスを取得。

ちなみにマルタ共和国のライセンス審査は、世界的に見ても厳しいことで有名です。

 

このようにベラジョンカジノは、マルタ共和国で正式に運営されているオンラインカジノ会社です。

これを先程の話に当てはめると、日本の警察がベラジョンカジノを賭博罪で取り締まることはできません。

つまり日本の法律では、ベラジョンカジノ自体は違法にはならないのです。

 

だから、日本でベラジョンカジノをプレイしたからといって、

逮捕される事はほぼないと私は思います。

過去に違法カジノで有罪になった事件もある

過去には闇カジノサイトというのが摘発されて度々ニュースでも報道されています。

よくあるのがバカラですね。

 

こういうニュースを見るとベラジョンカジノを利用している人からすると

少し不安な気持ちになってしまうかもしれません。

 

ですが、

これらの事件は、全て胴元(運営会社)が日本国内の運営会社です。

 

日本国内で運営して賭博をしているので、

それは完全に違法です。

 

逮捕されるのも当然です。

 

これが度々ニュースで摘発されている事件の真相です。

 

また海外サイトを利用しているのに違法とされ、逮捕されて有罪になった事件もあります。

 

このニュースを見た時はドキッとしましたが、

よく読んでみたら日本人経営者が海外サイトを利用して違法カジノを運営していたという事件でした。

 

つまりサイトだけを海外に移して、経営の実態は日本国内に。

これは違法アダルトサイトと同じ手口ですね(笑)

 

もちろん違法なので逮捕されて当然です。

 

ベラジョンカジノはマルタ共和国の正式ライセンスを取得しているので問題ございません。

 

海外で合法とされているベラジョンカジノを、僕たちは日本国内のパソコンからアクセスして利用しているのです。

 

だからニュースで報道されているような違法カジノとは、ベラジョンカジノは全く意味合いが違います。

 

何度も言いますが、現時点の日本でオンラインカジノをプレイして逮捕されるという事は、

ほぼありません。

 

運営会社がどこなのか?

怪しいオンラインカジノサイトを使わないようにだけ気を付けて下さいね!

 

 

私も含めてですが、

今はカジノ系YouTuberが沢山います!

 

違法動画や音楽などの著作権関係に厳しい取り締まりを実行している

天下のYouTube様。

 

365日24時間体制で監視されているYouTubeで、

ベラジョンカジノなどのオンライカジノ実況動画を投稿していても、

何も問題はありません。

 

もしもオンラインカジノ(ベラジョンカジノを含む)が違法確定だったら、

今頃、私たちカジノ系YouTuberは全員警察のお世話になっていますからね。(笑)

 

日本の法律が整備されるまでに、

オンラインカジノで稼いでおくのがベストですね!

 

地道にコツコツとオンラインカジノで資金を増やせるように

頑張っていきましょうね!

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。