パチンコ・パチスロ・カジノの特徴まとめ

カジノスロットとパチンコ・パチスロの違いは?どっちも違法?

どうも、カボチャです。

今回はオンラインカジノのスロットではなく、リアルカジノのスロットとパチンコ・パチスロの違い、違法性についてご紹介致します!

 

日本のパチスロと本場のスロットは全然違います。

カジノスロットはオンラインカジノでも遊べますので、リアルでもオンラインでも似たようなものなので1つ参考にして下さい。

 

今回の要点まとめ

・カジノスロットは違法でパチンコ、パチスロは合法。

・カジノスロットに設定はありません。

・カジノスロットにストップボタンは付いていない。

・カジノスロットの有効ラインは多いです。

・カジノスロットはジャックポットがあります。

・カジノスロットは交換手数料がありません。

 

カジノとパチンコ・パチスロの法律上の違い

まず、カジノとパチンコ・パチスロとの法律上の違いからご紹介致します。

 

皆さんは”カジノ”と聞くと何を思い浮かべますか?

ラスベガスのカジノように華やかなイメージが思い浮かぶと思います。

↑こんな感じですよね?

 

”カジノ”という言葉を日本語に直訳すると、

「賭け事をする施設、賭博場」となります。

 

当たり前の事ですが、

カジノ=賭博場です。

 

現在の日本の法律では、日本での賭博は禁止とされています。

お金を賭けて換金するカジノは、賭博法違反になるという事ですね。

 

日本でOKなのは、

競馬・競艇・競輪・オートレースの公営ギャンブルです。

これらは、

特別に例外として法律で認められています。

 

カジノは賭け事をする建物のことを指す言葉ですので、

日本でカジノを運営すると賭博法違反になるという事ですね。

 

パチンコ・パチスロもお金を賭けて換金していますよね。

これは賭博法違反にならないのか?

 

と誰もが疑問に思いますよね。

 

パチンコは、風俗営業法によって営業が許可されている遊技場なんですね。

簡単に言うと、カジノは違法だけどパチンコは合法という事です。

 

その理由について、順番にご紹介していきます。

日本でのカジノ運営は賭博罪で違法

日本での賭博は禁止されていますので、公営ギャンブル以外での賭け事は賭博罪で逮捕されてしまいます。

ですから、日本国内での合法的なカジノは存在しません。

 

よくテレビニュースで報道されている「闇カジノ」「闇スロット」などは、

日本でお金を賭けて違法に換金をしていたので摘発されて逮捕されています。

 

また、カジノバーやアミューズメントカジノが日本には存在します。

私はそこでカジノディーラーをしていました。

 

このような施設では、あくまでアミューズメントとしてカジノを楽しんでいます。

つまり、チップを換金したりする事が出来ません。

 

メダルゲームで遊ぶのと同じで、

ブラックジャック、バカラ、ルーレット、ポーカーを楽しむ事が出来るのがアミューズメントカジノという事です。

 

これは、賭け事は行われていないので賭博法違反にはなりません。

 

表向きはインターネットカフェと名乗り、

実は闇カジノ、闇スロットで換金も行っている。

完全に違法です。

 

たまにオンラインカジノをプレイして摘発された。というニュースもありますが、

あれは、インターネットカフェを装って、

実はオンラインカジノをプレイしてもらい、その入金・出金を店側が行う。

というものです。

 

つまり、客は現金を店に払えば、

その場でオンラインカジノをプレイして、勝てば現金で払い戻しを受け取っていたという事です。

 

これは、完全に賭博法違反になります。

日本でカジノを運営しているのと同じですからね。

 

 

個人でオンラインカジノをプレイするのは、現状の日本では問題ないですが、

他人のアカウントを使って遊んで、入金・出金はしないようにして下さいね。

 

過去にオンラインカジノの違法性について紹介しています↓↓↓

ベラジョンカジノは違法?合法?逮捕されない理由とはどうも、カボチャです! 今回は、ベラジョンカジノをはじめとしたオンラインカジノが違法なのか?合法なのか? どうして逮捕されな...

 

日本のパチンコ・パチスロが合法な理由

さて次はパチンコ・パチスロが換金をしているのに違法賭博にならない理由をご紹介致します。

 

パチンコ店は、風俗営業法という法律で営業が許可されています。

しかし、この許可を取っているからと言って”換金が許されている”という訳ではありません。

 

お客様がパチンコ店内で交換した「特殊景品」現金に交換してくれる「換金所」というのがどこのパチンコ店にも存在します。

 

ここにカラクリがあります。

 

実はこの換金所というのは、

パチンコ店とは全く関係のない景品買取業者なのです。

 

パチンコ店は、玉やコインを特殊景品に物々交換しているだけで、

直接は現金に換金するわけではありません。

 

パチンコ店とは経営が全く別の第三者が、この特殊景品を任意で買い取っているだけ。という事になります。

 

これがいわゆる”三店方式”というやつです。

 

これによりパチンコ店は直接的に現金に換金はしていないという事になっていますが、

お客側から見ればパチンコ店が間接的に現金に換金していると思うのが一般的ですよね。

 

ですが、法律上はパチンコ店は賭博場に当たらないので、

合法的な遊技場となっているというわけです。(笑)

 

不思議な事ですが、

法律上は「カジノは違法でパチンコは合法」となっている理由でした。

 

カジノスロットは設定が存在しない

では、次はカジノのスロットとパチンコ店にあるスロット(パチスロ)との違いについてご紹介致します。

日本でのカジノは違法ですが、ラスベガスなどの海外で遊ぶカジノは問題ございませんので、海外旅行など行かれてカジノで遊ぶ時の参考にして頂ければと思います。

 

まず、一番大きな違いとしては、

パチスロには一般的に6段階の設定というのが存在します。

 

これはパチンコ店側が任意で変更する事が出来て、設定6が一番甘く大当たりが出やすい設定となっています。

ほとんどのパチンコ店では低設定の1~2が多いです。

 

これに対してカジノのスロットには設定がありません。

 

大当たりの確率などは一定で、カジノ側が任意で変更することが出来ないようになっています。

つまり、カジノのスロットは誰もが平等に大当たりを当てられるチャンスがあるというのが特徴となります。

 

カジノスロットにはストップボタンが存在しない

これを分かっていないと、訳の分からないまま資金が無くなっていく。という事態に陥るのでよく覚えておいて欲しいです。

 

パチンコのパチスロであれば、「目押し」というのがあります。

自分の好きなタイミングでボタンを押して止めることが出来ます。

 

ですが、

カジノのスロットにはリール(回転)を止めるストップボタンはありません。

 

お客様がスタートレバーをオンにすると、リールが回転するまではパチスロと同じですが、

カジノのスロットはストップボタンがないので、自動で回転が止まる仕組みになっています。

 

パチスロであれば、目押しのテクニックの差が勝率に少なからず影響がありますが、カジノスロットは目押しがでい無いので、

初心者〜上級者まで平等なチャンスがあるということになります。

 

パチスロとカジノスロットでは有効ラインが違う

一般的にパチンコのパチスロは有効ラインが5ラインです。

上段・中段・下段のそれぞれの横ラインと斜めの2ラインで、

凄く分かりやすいですよね。

 

これに対してカジノのスロットは、パチスロのような5ラインの機種もあれば、有効ラインが何十通りもあるスロットが存在します。

 

有効ラインが多いと覚えられないですが、目押しの必要もないのでライン上に図柄が揃うのを祈っていれば良いので初心者でも回すことができます。

 

カジノスロット最大の魅力”ジャックポット”

カジノのスロットいえば、やはりジャックポットがあるということですね。

これはパチンコやパチスロには無い機能で、カジノのスロットだけにある一発大逆転・一獲千金のスペシャルボーナス機能です! 

 

ジャックポットは、お客様がスロットを回すたびに少しずつBET額の一部がジャックポットに貯められていきます。

ベラジョンカジノのジャックポットスロットだと、ダイヤマークの横にある数字が現在のジャックポットに貯まっている金額となります。

 

多い機種だと200〜500万ドル貯まってたりします。笑

これだけの賞金をたった1回のスピンで獲得したという人もいます。

 

ジャックポットにも種類があります。

デイリージャックポットであれば、毎日ジャックポットが放出されるので面白いですよ。

 

賞金も数百ドル~数千ドルと低いですが、

当たると嬉しいです。

 

実際にデイリージャックポットを生放送で当てた「ナビさん」の動画を見てみて下さい。

デイリーでも大興奮です。(笑)

 

今のパチンコでは1日良くて数万円ではないでしょうか?

カジノのスロットであれば、1日で数十万~数百万を当てる事も出来てしまいます。

 

パチンコ・パチスロでは絶対に味わう事が出来ないワクワクがありますよ。(笑)

 

カジノスロットには換金手数料がかからない

パチンコ・パチスロを打った事がある人なら分かると思いますが、

パチンコには交換率というのがあります。

6枚交換や7枚交換などですね。

 

お客さんは、パチスロのメダルを1枚20円でパチンコ店から借りるとします。

 

6枚交換なら、メダル1枚あたり約16.6円相当の商品と交換する事が出来ます。

7枚交換であれば、14.2円相当です。

 

この20円との差額が、換金(交換)照す量と言われるものです。

 

場所によっては、換金所でも更に手数料を取られる事があるみたいです。

 

お客さんが500枚(1万円分)のメダルをかりて、最終的に500枚のメダルを交換してしまうと負けとなってしまうという事です。

景品カウンターで交換手数料を取られて、換金所でも手数料を取られて・・・

 

だから、パチンコで勝つのは難しいんですね。

 

これに対してカジノのスロットは、

換金手数料が発生しません。

 

純粋に増えた枚数分が”儲け”として換金が出来ます。

 

換金手数料が発生しない分、パチンコよりカジノスロットの方が稼ぎやすいのは間違いないですね。

 

まとめ

色々とお話してきましたので、最後におさらいをしておきます。

 

日本での賭博は禁止されています。

カジノにおける換金は全て違法です。

 

これに対してパチンコ店は、風俗営業法によって営業が許可され、

直接的には現金に換金はしていませんので合法となります。

 

日本ではアミューズメントカジノが存在しますが、

これは換金は行えず、純粋にカジノゲームを楽しむ場所なので違法ではありません。

 

オンラインカジノについては、

現状の日本では違法ではありません。

ですが、合法でもありません。

 

グレーゾーンです。

過去にオンラインカジノの違法性について記事を書いていますので、まだ見てない方はこちらから見てみて下さい。↓↓↓

ベラジョンカジノは違法?合法?逮捕されない理由とはどうも、カボチャです! 今回は、ベラジョンカジノをはじめとしたオンラインカジノが違法なのか?合法なのか? どうして逮捕されな...

 

日本のパチンコ・スロットとカジノスロットの違いはご理解頂けましたでしょうか?

 

わざわざ海外に行ってカジノを楽しむのも良いですが、

オンラインカジノで日本からカジノを楽しむのも良いですよ!

 

海外で合法的に運営されているカジノサイトなので、

日本からアクセスして遊んでも違法にはなりません。

 

今なら特別ボーナス特典もあるので、今のうちに遊んでみてはいかがしょうか?

スロットで一攫千金!なんて事もあるかもしれません。(笑)

 

ちなみに私はスロットでこれだけ勝てた経験があります。

 

合計で約115万円も勝ちましたが、

その後、別のスロットで吸い込まれていきました。(笑)

 

深追いせず、欲を出さずに楽しむ事を強くお勧めします!(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。