50セント以下で過小評価されている仮想通貨3選

ビットコイン・暗号通貨・仮想通貨
50セント以下で過小評価されている仮想通貨3選

Investinblockchain.comによると、

SONM (SNM)

https://files.coinmarketcap.com/static/widget/currency.js

SONMは、世界中のマイナーが余っているPCパワーの貸し借りを可能にするプロジェクト。

現在、価格は約7.09円だが、成長の余地を見せている。

すでに総供給量の80.99%が市場に出ており、残りのトークン数が限られている。

需要が高まったとき、トークン価格が大きく影響されるため、投資家はこれを利用し利益が得られる可能性がある。

SONMの計算能力の需要が高まるにつれて価格が上昇して行くだろう。

Dragonchain (DRGN)

https://files.coinmarketcap.com/static/widget/currency.js

DragonChainは、ビジネス向けのブロックチェーン開発プラットフォームとエコシステムを提供しているプロジェクト。

8月1日にはDragonchain バージョン1.0がリリースされ、ロードマップによると、商品化されたダッシュボードとマーケットプレイスが2018年9月に予定されている。

このプロジェクトが掲げている目標と進捗状況次第で、トークンの需要はトークン価格を大幅に引き上げる可能性がある。

2018年1月の最高値だった約581円)から現在17.76円まで下落しており、安値となっている。

Bread (BRD)

https://files.coinmarketcap.com/static/widget/currency.js

Breadとは、分散型金融機関の構築を目指し、モバイルアプリのウォレットを提供しているプロジェクト。

現在、170カ国以上のユーザーから、Google PlayとApple Storeでダウンロード数100,000以上を記録している。

BinanceのBNBトークンと同じユーティリティトークンであるBreadトークンは、約8900万の総発行枚数があり、ほぼ100%が流通している。

特別なディスカウントや、プログラム、無料配布を発表で需要が高まり、トークン価格の高騰が度々見られた。

加えて、ウォレットとBreadエコシステムの使用頻度が増えるにつれ、Breadトークンの需要が増加するだろう。

仮想通貨投資で一番考慮すべき、大事な要素は需要。

通貨の価格や時価総額は、供給と需要が一致する所から生まれる。

その為総供給量が少ない通貨の方が良い需要を生みやすい傾向がある。

3 Underrated Cryptocurrencies Under 50 Cents

CoinPostの関連記事

中国と韓国政府は投資家を保護する目的やテロリスト、マネーロンダリングなどの資金流入を防ぐため、ICO禁止となりましたが一方で、依然と…

2018-06-25 18:03

Source: 仮想通貨ニュースサイト-CoinPost

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ビットコイン・暗号通貨・仮想通貨
最大手取引所バイナンスCEO:仮想通貨市場の「価格操作」に斬り込む

問題視される価格操作 多くのビットコインETFの不許可または、延期の理由としてSECは、仮想通貨市場 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。