ZOZO前澤社長 剛力との結婚「ないない。彼女はオスカーに所属している女優さんなので」と一蹴

話題の芸能ニュース
1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/09/17(月) 03:29:35.07 _USER9
稲垣吾郎(44)の主演舞台「No.9―不滅の旋律―」が11月の東京・TBS赤坂ACTシアターを皮切りに、来年1月14日の福岡・久留米公演までの3カ月のロングランに入る。
今後、俳優の仕事を中心に芸能活動を続けていくとみられている稲垣にとって、今回は絶対に失敗が許されない大切な公演となる。

今、その稲垣を不安に陥れているのが、舞台でヒロインを務める剛力彩芽(26)。
「No.9」は稲垣演じるベートーベンが第九を生み出すまでの苦悩の日々を描く。剛力はそのベートーベンを支えるメイド役のマリア・シュタインを演じる。

3年前の舞台初演では元AKB48の大島優子(29)がマリア役を務めた。大島にとっては初舞台だったが、稲垣との呼吸がピッタリだと評判になった。
ファンは2人の再共演を期待し、主催者も大島サイドに再出演を強く要請していたという。

ところが今回、マリア役に決まったのは、舞台出演2回目となる剛力。発表を聞いた稲垣は愕然としたという。

「剛力は2年前に明治座での舞台『祇園の姉妹』で檀れいと共演し、芸妓を演じました。ただ、無邪気さが前面に出てしまい、芸妓らしい色っぽさを感じさせることができなかった。
共演者やスタッフをがっかりさせたといいます。だから、剛力が稲垣の相手役にふさわしいのか疑問の声が上がっていました。
おまけに、最近の剛力はプライベートばかり注目されて“女優失格”の烙印を押す演出家もいます」(舞台関係者)

今年4月、剛力は個人資産5500億円ともいわれるスタートトゥデイ前沢友作社長との交際が明らかになった。
その後、SNSに前沢社長とのプライベートショットを次々にアップするなど、剛力からは恋愛にのめり込んでいる様子がうかがえる。

一方、前沢社長は発売中の「文芸春秋」(10月号)でジャーナリストの森功氏に剛力との結婚の予定について聞かれて、〈ないない。彼女はオスカープロモーションに所属している女優さんなので〉と軽く一蹴していた。
剛力が気の毒になるが、それでも彼女の今の最大の関心事は、いかにして前沢社長の戸籍に“妻”として入り込むかだという。

稲垣は「No.9―不滅の旋律―」の成功を地上波復帰の足がかりにしようとしていたというが、結婚に目がくらんで女優業に身が入らない剛力によって、将来設計が大幅に狂う恐れが出てきた。本当に気の毒なのは稲垣かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITAL
http://news.livedoor.com/article/detail/15313490/

no title

no title

no title

9078a_759_c1f6684a_6174a796

続きを読む

Source: 中二病速報

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。