最近、相撲界には多くの問題が起きていますね。

そんな中、週刊文春の強烈なスキャンダルスクープ、

通称「文春砲」が横綱・白鵬さんに炸裂しました!

その内容というのも、白鵬さんに愛人がいたというもので、

愛人との2ショット写真が公開されています。

2007年に和田紗代子さんと結婚していて、

お二人の間には子供もいるとのことです。

白鵬さんは2015年の優勝インタビューのときに、

「強い男の裏には賢い女性がいます」

と発言されるほどの愛妻家っぷりだったのに驚きです。

現在、日馬富士さんの暴行事件の渦中で注目が集まる中で、

この文春砲は痛い所ではないでしょうか。

今回は、文春砲の情報についてまとめていきたいと思います!

週刊文春で公開された情報からまとめていきます!

公開された2ショット写真には白鵬さんの隣で、

仲良く写っている金髪の女性がうわさの愛人女性Mさんです。

白鵬さんと同じモンゴル人で身長170cmのモデル体型の美女とのことで、

現在は28歳ぐらいとのこと。

Mさんは大分県の立命館アジア太平洋大学に留学していたそうで、

九州場所の打ち上げに参加していたところを大鵬さんが一目ぼれしたそうです。

大変ご執心だったとのことで、

白鵬さんがたびたび渋谷区にあるというMさんのマンションに通っていたと関係者は語っています。

大鵬さんは1000万円以上も貢いでいたというのですからとんでもない話です。

Mさんの住むマンションの家賃も大鵬さんがすべて支払っているそうで、

月20万円と予想されています。

他にも高級ブランドをプレゼントしたりと、

かなりご執心なことがうかがえますね。

また、地方巡業にもMさんを連れて行くことがあったようですが、

その際のホテルも高級ホテルを要求し、

白鵬さんはそれに応えていたようです。

しかし、

Mさんは相撲に興味はないようで地方巡業でも相撲観戦はしていなかったとのこと。

さらに、横綱の愛人ということで他の力士や付き人に対しての態度が悪く周りからは嫌われていたといわれています。

とにかくお金のかかる人だったようですね、

白鵬さんはどんなところに惹かれたのでしょうか?

白鵬が入れ込むそのわけとは?

白鵬さんは横綱となってからも、

周りには日本人の女性ばかりだったので、

同じ出身国であるMさんが特別に見えたのでしょう。

どうやら母国語で会話できるのが本当にうれしかったとのこと。

また、白鵬さんとMさんの姉が同級生だったこともきっかけととなったようです。

たしかに、

異国の地で同じ出身国の美人な女性と知り合ったら仲良くなりたいと思うかもしれません。

「やっぱりオンナはモンゴルのほうがいい」

など発言をされていたこともあったようです。

奥さんの和田紗代子さんがかわいそうになります。

白鵬と愛人女性Mの関係はいつから?

Mさんとの関係は2010年頃からだと言われています。

Mさんが現在28歳として当時は大学生だったという事ですからつじつまは会いますね。

Mさんは語学が堪能とのことで、

卒業後は東京の外資系企業に就職をされたとのこと。

東京に引っ越したことで白鵬さんとの関係は親密になっていったようです。

2015年の優勝インタビューの裏ではすでに関係は出来上がっていたという事ですね。

関係者の証言によると、

現在は白鵬さんとMさんは別れているようだとのことです。

いつごろまで関係があったのかまでは明かされていませんが…

この時期にこのスクープですから白鵬さんの立場もかなり危うくなってしまうのではないでしょうか。

白鵬、横綱としての品格は?

横綱であるためには、ただ強いだけではなく品格というものが必要となります。

これは日本相撲協会で定められていて、横綱の昇進条件にもなっているようです。

日本相撲協会によると横綱の品格基準は

相撲に精進する気迫

地位に対する責任感

社会に対する責任感

常識ある生活態度

その他横綱として求められる事項

とされているようです。

この品格基準については横綱審議委員会という機関が判断を行うようになっています。

しかし、品格というものは実際の数字に表れるものではないため、

実際は成績などで横綱への昇進が決まるようです。

品格基準として定められてはいるものの、

よほどの事件を起こさない限りは引退することはなく、

ほとんど機能していなかった様子。

最近の、日馬富士さん暴行事件では、

横綱審議委員会が厳しい処分を下さなくてはならないと判断しています。

また、少し前に朝青龍さんが問題行動を起こしたときも、

横綱の品格が問題視されましたね。

結局朝青龍さんは横綱審議委員会から引退勧告を出され、

自己責任という形で引退することになってしまいました。

もしかすると白鵬さんも今回のスクープで引退となってしまうのでしょうか。

白鵬さんのようにいくら強くとも、

この横綱の品格基準を満たさないと引退となってしまうのでは、

処分としては厳しすぎる気もします。

文春で報道された、白鵬と危険なタニマチの関係とは?

同じく週刊文春で「危険なタニマチ」との交友について触れられていました。

タニマチとは、相撲界の言葉で

「ひいきにしてくれる客、後援してくれる人、無償スポンサー」

のことを指しています。

後援の内容としては、

繁華街で遊ぶ際の資金援助から、

トラブルの処理まで多岐にわたって支援を行う様です。

その見返りとしては一緒に食事をしたり、

結婚式の仲人を務めたりと親しい仲であるとアピールすることとなっています。

相撲界では、

タニマチから提供されたものは相手を精査せずに何でも受け入れる「ごっつぁん体質」と言われてるそうです。

白鵬さんのタニマチにどうやら危険な人物がいるとのことで、

文春では報じられていました。

そのタニマチは二人いるそうで、

まずはそのうちの一人について紹介します。

この人は白鵬さんの講演会パーティに出席した際に怖そうな客が多く一緒にいたとのうわさです。

そのため、人脈関係を怪しむ人もいたとのことです。

もう一人は過去に2回も逮捕歴があり、

地元の反社会組織とのかかわりがあったとのこと。

「白鵬沖縄後援会」を立ち上げようとしたが、

逮捕歴があり実現はしなかったようです。

白鵬さんとはそこまで親しくはないとのことで、

白鵬さんが沖縄に来たときに食事をすることがある程度とのこと。

関係者の証言によると、

現在も白鵬さんと危険なタニマチとの関係は続いているとのことです。

危険な人物とかかわってしまうのは相撲界の「ごっつぁん体質」の影響でしょうか。

もし、危険な人物とのかかわりがあるとすると、

何らかの事件に巻き込まれてしまったりするのではないかと心配になります。

「ごっつぁん体質」を改善して安全な人のみ受け入れるようにしないといけませんね。

白鵬文春砲のまとめ

強力な文春砲がさく裂した白鵬さんについてのまとめでしたが、

これが事実だとすると、

白鵬さんの今後の立場はかなり危うくなってしまうと思います。

以前、白鵬さんは相撲界の「膿を出す」と発言されていましたが、

自身の疑いも含めての発言だったのでしょうか。

また、今回の愛人疑惑や危険なタニマチとの関わりがこのタイミングで飛び出すとは…

もしかすると日馬富士さんの事件に便乗して白鵬さんを追い詰めようとする何者かがいるのかもしれないと疑ってしまうくらいのタイミングですね。

白鵬さんは本当に強い力士ですので、

それこそ「膿を出し切って」クリーンな状態で相撲界を盛り上げてほしいですね。

横綱の品格を持って土俵内外問わず立派な横綱の姿を私たちに見せてくれることを期待しています。

YouTube動画はこちら↓