1947年以降、イスラエルとヨルダン国境にある「死海」付近の11箇所の洞窟で次々と文書が発見された。

『旧約聖書』の写本や、謎の文献も多数発見。

羊紙やパピルス紙、銅板に、ヘブライ語・アラム語・ギリシャ語で記されていた。

■死海文書とは?

『死海文書』は今から2,000年以上前のもの。

その作成者はクムラン宗団によるものだと考えられている。

クムラン宗団とは、禁欲的な厳しい修行をし、

超人的パワーや、

預言能力を持っていたと伝えられる古代ユダヤ王国のユダヤ教の一派。

キリスト教の先駆的な宗団だったと伝えられている。

一説によると、

イエス・キリストもこの一派の出身だったとか。

彼らは異様なまでに終末への関心を持ち、

メシア(救世主)を待ち望んでいた。

そして紀元70年頃、

ローマ帝国がユダヤの地に侵略することで、

ユダヤ人が世界中に散らばる運命になると悟ったクムラン宗団は、

死海文書を洞窟にこっそりと隠したのだった。

それほど、『死海文書』は彼らにとって重要なものであった。

なぜなら、

そこには神から啓示された未来の預言が記されていたからである。

それゆえ、キリスト教の謎を解く手がかりとなる世紀の大発見と騒がれたのだ。

だが、発見されてからすでに半世紀以上の時が経つが、

全容はまだ解明されていない。

現在、『死海文書』は、ネット公開されている。

■『死海文書』に描かれた人類の終末

この『死海文書』の一部である「感謝の詩篇」と呼ばれる一篇には、

「滅びの矢が放たれて命中し、

炎に襲われ地上は焼けつくされ、

水を飲むものは消え失せ、

地上の者は気が狂う」といった、

終末地獄の様相が記されている。

これらの記述は今から約2,000年前に書かれたものであるが、

現代風に解釈すれば、

核戦争の勃発や原発事故により大爆発が起き、

地上や人々が焼きつくされる。

そして、水や土壌は放射能で汚染される。

汚染水を飲んだ人は死に、

食べるものもなく、

阿鼻叫喚の中で人々は発狂するしかない…。

ということなのだろう。

また、「戦いの書」においては、

「光の子」と「闇の子」の最終戦争が起こり、

人類は大厄災に見舞われると記されている。

だがその時、2人の救世主が現れるという。

「アロンのメシア」と「イスラエルのメシア」である。

この2人は一体、何者なのだろうか?

■人類の危機を救う、2人の人物とは?

「アロン」とは、古代ユダヤの預言者モーセの兄で、

神の命により最初の司祭長となった人物である。

その末裔がクムラン宗団だと言われている。

ただ、そのクムラン宗団の母体であるエネッセ派は聖牛セラピスを崇める超秘密宗教結社「セラピス教団」であり、

それこそが、フリーメーソンのルーツであるということだ。

つまり、「アロンのメシア」はフリーメーソンの中から現れる可能性があるというのだろうか?

反する「イスラエルのメシア」とは、「失われた十支族」の事であるという。

イスラエルの民は当初、

十二の支族から構成されていた。

だが、北のイスラエル王国(十支族)と南のユダ王国(二支族)に国が分裂。

紀元前8世紀頃、北のイスラエル王国はアッシリアによって滅ぼされ、

十支族はメソポタミアに捕囚されてしまった。

しかし不思議な事にその後、

十支族は消息を断ってしまったのだ……。

では、十支族はどこに行ってしまったのか?

アフガニスタン、中国、インドなど世界各所に散らばったと言われているが、

その一部が日本に渡ってきたという説がある、

これが「日ユ同祖論」だ。

■「日ユ同祖論」(日本人とユダヤ人は共通の先祖を持つという説)

この「日ユ同祖論」が囁かれる理由として、

日本の原語、宗教儀式などにユダヤの痕跡が感じられるという点を指摘する者がいる。

たとえば、天皇には「帝(ミカド)」という名称がある。

これをヘブライ語に変えると、

ミは「~出身」と訳される。

そして、失われた十種族の中に「ガド族」というものがいる。

つまり、「ミガド」=ガド族出身となるというのだ。

この「日ユ同祖論」から導くと、

救世主は日本人から出現するという可能性もあるかもしれない。

■死海文書とエヴァンゲリオン、そして、羽生結弦

幅広い世代に人気を得て、今でも根強く支持されているアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』。

主人公である14歳の少年「碇シンジ」は、

巨大な人型兵器エヴァンゲリオンのパイロットとなり、

人類を滅亡させようとする謎の敵「使徒」と戦う。

そのエヴァを建設するにあたり、

参考となった文書が『死海文書』をモチーフとした謎の預言書『裏死海文書』なのだ。

実は、羽生結弦の顔や雰囲気が「碇シンジ」すごく似ているとネット上で騒ぎになったことを覚えているだろうか。

たしかに、細い体で氷上を全力に舞う羽生の姿と、

「逃げちゃダメだ!」と叫び、

苦悩と葛藤しながら成長する碇シンジの姿とオーバーラップして見えなくもない。

■羽生結弦は神人?

羽生結弦は、ソチオリンピック フィギアスケートのショートプログラムにおいて史上最高点101.45をマーク。

世界を驚かせた。

そして、フィギュアスケートの日本人男子では初の金メダルを手にした19歳という若い王者だ。

史上稀な天才、羽生結弦。

容姿端麗、学業優秀、桁外れの運動能力、

あふれんばかりの才能……

超人的なパワーを見れば、

彼は明らかに特別な人間である。

さらに、彼には「幽霊を見てしまう」という、

特殊能力まであることが自身の発言から明らかになっている。

氷上で舞う彼は神々しく、

見る者すべてを魅了するオーラに満ちあふれている。

中性的な雰囲気は、

シャーマンのような神秘性を感じるだろう。

羽生の笑顔は天使のようである。

だが、彼は演技中時々、悪魔の様な鋭い表情をする事がある。

ソチオリンピックでは羽生に敗れ、

惜しくも銀メダルとなったフィギュア王者のパトリック・チャンは

「羽生は悪魔のよう」と語っていた……。

天使と悪魔の両面を持ち、恐るべき力を持つ羽生結弦。

もしかすると、『死海文書』に記されている

「イスラエルのメシア」とは、

羽生結弦の事ではないだろうか?

と、思わず妄想せずにはいられない。

■そして、2018年終わりの時

クムラン宗団は『旧約聖書』のダニエル書を特別視していたと言われる。

ダニエル書では「終末の予兆が始まってから70年後に世紀末の大破局が来る」と記されている。

死海文書が発見された翌年1948年に、

イスラエルが建国。

それから数えて70年後の2018年には、

いわゆる「人類滅亡ハルマゲドン」が起こるのではないだろうか。

2018年には一体何があるのか?

世界的に大きな出来事で言えば、

韓国で開催される平昌冬季オリンピック。

羽生結弦は連覇を狙って出場する意志を固めている。

だがここ最近、

韓国では旅客船沈没事故で300人以上の死者および行方不明者を出し、

続いてソウルの地下鉄では240人以上の負傷者を出す追突事故。

いずれも人災だが、トラブル続きである。

それゆえ、平昌冬季オリンピックの開催を不安視されている声も聞こえてくる。

人類規模の大厄災が来ない事を祈るばかりである。

次のオリンピックでは、

羽生結弦選手にはぜひ、

新世紀エヴァンゲリオン オープニングテーマ 『残酷な天使のテーゼ』で

金メダルを狙ってほしいものだ。

YouTube動画はこちら↓