フィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)が下したNHK杯欠場は好判断だった。

 

今回のけがは強行出場が可能な程度だとしても、試合で悪化させる危険性もある。

 

平昌五輪代表最終選考会を兼ねた12月下旬の全日本選手権に欠場しても、実績十分な羽生の代表入りは確実だ。

 

 

 

選考基準は「世界選手権3位以内の実績がある選手が、けが等で全日本に参加できなかった場合、選考することがある」としている。

 

今後は、成功率を高めようと取り組んでいた4回転ルッツなど、難しい4回転ジャンプの練習をやめて、成功率が比較的高いトーループとサルコーに4回転を絞る手もある。

 

中学、高校時代の羽生にジャンプを教えた田中総司さんは、「新しいジャンプを習得しようとした際のけがのリスクは高い。

 

結弦は元々体が強くないし、ルッツを入れなくても勝てる」と話す。

 

今回の羽生のけがは、まさに4回転ルッツを無理に跳んだ時に起きた。

 

挑戦することが好きな羽生は「自分がスケートをやっている意味がなくなる。

 

それじゃ試合じゃないだろうというのが僕の気持ち」と言い、難しいジャンプを跳ばない選択肢を嫌う。

 

しかし、ジャンプを絞っても十分難しいプログラムなのは間違いない。

 

ステップや表現力などを高め、男子では66年ぶりとなる五輪連覇を目指すことも、大いなる挑戦だ。(後藤太輔)

 

■ソチ五輪後の羽生結弦の主なけがや病気

2014年11月

中国杯フリーの直前練習で選手と衝突し、頭部や左太ももなど5カ所を負傷

12月

全日本選手権後に「尿膜管遺残症」と診断される

16年4月

世界選手権後に左足甲付近のリスフラン関節靱帯(じんたい)を痛める

12月

インフルエンザで全日本選手権を欠場

 

以上が引用でした。
ネットの反応も一部ご紹介致します!

 

・賢明な判断だと思う。

 

・何もよりも怪我を直すことが最優先!
無理せず、しっかり治していただきたい。

 

・こういう記事はありがたい。
なんせ昨日・今日とファンにとっても辛い一日だったので。

テレ朝がファイナルのことは気にしないで!と言ってくれたと感じてしまう。

 

・実績から判断しても、今のスケート界における彼のもうすでにレジェンドのような立ち位置からしても、もう代表に特別枠で選んでも何も問題はないはず。

羽生選手が無理をして全日本にでてこなくてもいいとあらかじめ伝えてあげてほしい。

 

・オリンピック直前じゃなくて良かったよ。
万全の状態での連覇期待してます!

 

・全日本欠場で五輪枠に選ばれたとしても、誰も文句は言えないくらいの実績と実力、とにかくもう来年2月の「本番」にすべての照準を合わせていって頂きたい。

最高の舞台でのショパンと清明の最高完成型を見たいです。

 

・たとえ全日本に出場できなくても、彼を代表に選ばない、という選択肢はそもそもない。

ゆっくり治療して、万全な状態で五輪に挑んでください。

 

・選考基準のこともきちんと書いてくれる記事はありがたい。

中には特別扱いだとか的外れなことを煩く言う人もいるから。

羽生選手の実力と実績なら、いっそ内定出しちゃってもいいくらいだと思う。

 

・羽生もよく決断したよ。

しっかり治して来年の平昌で頑張ってほしい。

ジャンプはプルさんが言ってたけどクワドサルコー、クワドトゥーループで羽生は充分勝てるって言ってたかな。

これからはまたクリケットチームと話し合って今後の事決めるんだろうね。

 

・代表から外れることはまず考えにくいですね。

でも難易度を下げて果たしてあの羽生さんは納得出来るでしょうか?

 

・プルシェンコも言っていました。四回転ルッツなくてもいいと。

 

・またひとつ強く、大人になれたと思います。

欲張り過ぎず、目先の事だけに囚われず、本当に大事にしたい物を選べた…3年前のGPを思い出します。

きっとあの時の様に鬼練習、一魂集中で今回も戦ってくれるんじゃないかと思う。

選んだ道は決して悪くないよ、穏やかな気持ちでGP見てね。

平昌での完全演技での金メダル、四年前に思い描いた夢、最高の笑顔、願ってます!あと少し頑張ろ!!

 

・今回はオーサーコーチも一緒ではなかったし、前日も熱を出していたというし、無理に無理しての怪我だと思う…

練習しすぎるのを止めないといけないと、前にオーサーコーチが言っていたのを思い出す

 

・誰もが今回は羽生選手の将来を思い、通常はコメントをしない方達も、

「退く事も勇気」

「無理をしてはいけない」

というコメントをしてくれたのは、皆羽生選手の事を心配し、将来を心配してくれての事。

ファンや皆をガッカリさせたとか思わないで欲しいです。

身体を思い、欠場をしてくれた判断を皆もわかってくれているし、安心もしてくれています。

我慢強く、気が強く、負けず嫌い。

有言実行をする為にそれに見合う努力を誰よりもしてきた。

そして実績も成果も残してきました。

良い結果に結びつくことがほとんどでしたけど、無理をし過ぎて身体を壊すこともありました。

今回は絶対間違いのない判断で、今は身体を戻すことを第一にして下さい。
応援しています。

 

・賢明な判断ですね。

羽生君ならルッツ跳ばなくてもサルコーとトゥループで完成度上げてノーミスなら勝てます。

連覇目指して、今の試練をchanceに変えて頑張って下さい。
応援してます

 

・確かにこの基準に照らし合わせたら、全日本を欠場したとしても、現世界王者の羽生結弦は五輪代表として選ばれる資格がある。

その場合最大の障害は、他ならぬ羽生結弦本人が全日本に固執することではないだろうか。

昨年はインフルエンザで全日本に出場できなかったにもかかわらず世界選手権に代表として選出された。本人は納得してはいるだろうが、潔しとはしていないはず。

2年連続、それもワールドよりも格上のオリンピック代表に選ばれるとなると、彼の気質として耐え難いのではないかと察する。

もっとも、その負けん気の強さあってこそ、いまの羽生結弦がいることも確かなのだが。

むろん、全日本までに全快して3位以内に入り、なおかつ平昌をベストコンディションで迎えることができればいうことはない。

 

以上が引用でした。

 

欠場が決まったのは、ブリリアンコーチの言うとおり重症だからではなく、オリンピックを見据えて慎重に対処したのでしょう。

 

本人はおそらく出ると言ったんだろうが、2014中国杯の教訓があるので、コーチサイド(オーサーに連絡を取って指示を仰いだと思う)とスケ連が強くストップをかけたんでしょう。

 

靭帯損傷というのは捻挫のことなので、治るのは意外と早いかもしれないが、治ったあと焦って練習してまた怪我するのが怖いので、オーサーにはしっかり見守っていてほしい。

 

 

YouTube動画はこちら↓