韓国の人気アイドルグループSHINeeのメンバー・ジョンヒョンさん(享年27)が亡くなった。

この訃報を番組で取り上げた12月20日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で、

出演者の森泉(35)が不謹慎な態度を取っていたとしてネット上でバッシングを受けている。

司会の坂上忍(50)が、

水曜レギュラーの森に向けて「これ(SHINeeのこと)、泉ちゃんは知ってた?」と振ると、

森が「知らな~い」と笑った……として、

視聴者がSNSで

「信じられない」

「知らな~いとか笑いながら言える神経…」

等の非難をつぶやき、拡散された。

しかし森は「知らな~い」と笑ってはいない。

実際のやりとりはどうだったのか。

『バイキング』ではこの訃報、

および“韓国芸能界の深い闇に迫る”という特集を組んでいた。

アナウンサーがSHINeeおよびジョンヒョンさんの経歴を読み上げた後、

坂上が「僕グループ名は知ってたんですけど、

ジョンヒョンさんのお名前は知らなかった。

ヒョンギさん、これ韓国では人気なんですよね?」と、

ゲストの韓国芸能ウォッチャーに話を振る。

ヒョンギ氏は、

SHINeeは2008年のデビューから人気が落ちることなく絶好調であり、

熱狂的なファンも多いと説明。

同じくゲストの山田美保子氏がジョンヒョンさんのシンガーソングライターとしての葛藤を推測し、

SHINeeがグループとして継続できるかどうか……

という話をした流れで、

坂上は「これ(SHINeeのこと)、泉ちゃんは知ってた?」と森に振ったのだ。

すると、森は神妙な面持ちで「知らなかった」と首を左右に振った。

それを受けて坂上がそっけなく「あ、そう」と言うとスタジオで笑いが起き、

坂上が続けて「(話を振る人を)間違えちゃった」と冗談めかして言ったことで、

再び他の出演者たちがどっと笑った。

森は苦笑いしていた。

その後は、またアナウンサーがジョンヒョンさんの遺体が発見された経緯や自死をほのめかすメッセージがあったことを説明し、

番組出演者たちは感想を述べ合った。

つまり森泉がSHINeeおよびジョンヒョンさんを「知らな~い」と笑った、

というのはデマである。

むしろ森はその後のゲストコメンテーターや出演者の発言時も口を真一文字にして神妙な顔を崩さなかった。

森泉がK-POPアイドルに詳しくないこと自体は非難すべきことではないが、

それを“笑い”に変えた坂上忍や他出演者たちの行動は、

訃報にコメントする立場として相応しくはなかっただろう。

少なくとも“笑い”にして良い内容の話題ではなかったことは確かだ。

せっかくSHINeeについてや韓国のファンたちの反応などを詳細に語れる韓国芸能ウォッチャーを呼んでいるのであれば、

わざわざ故人について知識も興味もない雛壇ゲストに話を振る必要もなかったのではないだろうか。

また、所属事務所が「デマや憶測報道は控えていただきたい」とのコメントを出していると紹介しながらも、

公開されている遺書からジョンヒョンさんの自死の“原因”を出演者たちが憶測していた点も疑問である。

森泉が『バイキング』でSHINee・ジョンヒョンを笑った真相がヤバイ…