ユノの発言に対して『嘘つき!』とバッシングされたことがありました。

問題となったのは、

2011年に韓国のバラエティ番組に出演した時のユノの発言。

ユノが初めて東方神起分裂騒動について語ったのです。

ユノは一体何を語ったのか?

東方神起分裂騒動では何が起こっていた?

ユノの想いは?

東方神起分裂騒動の真実に迫ります。

嘘つきとバッシングされたユノの発言とは何だったのか

ユノペン様なら、

「はぁ!?男らしくて正義感の強いユノ様が嘘つくわけないじゃん!!」

と思うハズ。

私もそう思います。

で、気になるのがユノ様のなんの発言に対して”嘘つき”とバッシングされたのか、

バッシングしたのは誰なのかということ。

まず、バッシングされることとなったユノ様の発言はいつされたのかというと、

2011年3月2日に放送された韓国のバラエティ番組『黄金漁場 膝討ち導師』。

2009年に起きた東方神起分裂騒動の当時のことについて聞かれたユノ様がこう答えました。

「訴訟を起こしたとき、

僕たちは知らなかった。」

このユノ様の発言について、

バッシングが起きたんです。

「ユノは嘘つき!一緒に暮らしていて知らないわけない!!」

発言からわかるように、

バッシングをしたのはJYJのファンやアンチ東方神起ファン。

5人を支持するオルペンからのバッシングもあったようです。

ユノ様が”嘘つき”かどうかを探る前に、

『東方神起分裂騒動』について知っておきましょう。

東方神起分裂騒動とは?発端と騒動の真実

現在の東方神起は、ユノ様とチャンミン様の2人ですが、

元々東方神起のメンバーは5人でした。

ご存知の方も多いと思いますが、JYJのジェジュン様とユチョン様、ジュンス様の3人が元東方神起メンバーです。

2009年7月31日、

当時の東方神起メンバーのジェジュン様とユチョン様、

ジュンス様の3人が所属事務所のSMエンターテイメントを相手に専属契約の効力停止仮処分を申請しました。

内容は

「専属契約内の契約期間や収益配分に関する規定の不当性」。

要するに、

「契約期間が長すぎる。

給料も少ない。」ということです。

じゃあそもそもなんで、5人ではなく、

ユノ様とチャンミン様を除いたジェジュン様、ユチョン様、ジュンス様の3人がこんな訴訟を起こしたのでしょうか?

この3人だけたまたま以前からずーっとSMエンターテイメントを不満に思っていた?

その不満が積もりに積もって爆発したのが2009年?

そうじゃないんですね。

ジェジュン様、ユチョン様、ジュンス様がSMエンターテイメントを訴訟することとなる明確な理由、

”きっかけ”があったんです。

東方神起分裂騒動の発端となったのは化粧品事業への投資

ジェジュン様、ユチョン様、ジュンス様がSMエンターテイメントとの関係が悪化したのは、

この3人による化粧品事業への投資。

この化粧品とは『CreBeau(クレビュー)』で、

韓国の化粧品ブランドですが、

法人は中国です。

『CreBeau(クレビュー)』はどんな化粧品かというと、

チベット高原の天然草で飼育された食用羊の胎盤エキスと真珠から抽出されたコンキオリンエキスを配合して製造し、

低温酵素分解法で抽出したものを使用しているとうことです。

この化粧品事業への投資に魅力を感じたジェジュン様とユチョン様、ジュンス様の3人は、
同じ東方神起メンバーであるユノ様とチャンミン様にも一緒にやろうと話を持ち掛けます。

しかも、なんとジェジュン様とユチョン様、ジュンス様だけでなく、

この3人の家族も出てきて、

ユノ様とチャンミン様の家族にまで話を持ち掛けました。

ところが、ユノ様とチャンミン様、

そしてユノ様のパパとチャンミン様のパパは、

「安全性の保障されていない商品をファン相手に販売するのはよくない。」と拒否。

そして、ジェジュン様とユチョン様、ジュンス様の3人はそれぞれ『CreBeau(クレビュー)』の化粧品事業を展開していきます。

このことに関してSMエンターテイメントは、

「単純な金銭投資なら問題はないが、

東方神起としての肖像権は使用しない事、

理事等の役職に就かない事」

を条件に許可します。

ところが、3人は理事の名刺を持ち、

東方神起のネームバリューを利用した化粧品販売を行います。

それだけではなく、

あろうことか化粧品事業に参加していないユノ様、チャンミン様の画像も使用。

当然SMエンターテイメントは黙っていません。

2009年6月にユノ様とチャンミン様のご両親も含めた東方神起メンバーのご両親が集められ、

SMエンターテイメントの代表理事であるキム・ヨンミン氏と会談を行います。

話し合いは決裂、ジュンス様のパパは、

ユノ様とチャンミン様のパパに

「うちのジュンスはこれ以上SMと仕事をしない。

ユチョンとジェジュンは私たちと一緒に仕事をするから、

ユノとチャンミンはそのつもりでいてくれ。」

と決別宣言。

これにより、

ジェジュン様とユチョン様、ジュンス様の3人がSMエンターテイメントとの関係が悪化したわけなんです。

東方神起ユノとチャンミンの立場表明

2009年7月31日にジェジュン様、ユチョン様、ジュンス様が起こした仮処分訴訟以来沈黙を守っていたユノ様とチャンミン様は、

2009年11月2日の記者会見で初めて自分たちの意思を書面で発表しました。

このユノ様とチャンミン様の”立場表明”にはまだ続きがあります。

立場表明からは、

化粧品会社に対するユノ様とチャンミン様の不信感、

対馬表明からは、

SMエンターテイメントに関する恩義が伝わってきます。

そして、

ジェジュン様、ユチョン様、ジュンス様の3人が戻ってくるのを待っていることがわかります。

東方神起ユノとチャンミンのパパが息子を弁護した確認書

訴訟に臨むジェジュン様、ユチョン様、ジュンス様の3人は、

両親は弁護士を選任して弁護士がすべてのメディアに対応していました。

そして裁判所からメディアへの発言を控えなさいという命令が出されたにもかかわらず、

インタビューなどに応じ、

ファンの目と耳を魅了しました。

しかし、

ユノ様とチャンミン様の2人には何もありませんでした。

訴訟に参加する理由がないから当然弁護士もいません。

なのでファンは、

ユノ様とチャンミン様側の意思や思いを知ることができず、

ファンはジェジュン様、ユチョン様、ジュンス様側の意思や思いしか聞くことができませんでした。

しかも裁判所でメディアへの発言を控えなさいと求められたことを理由に、

SMエンターテイメントもメディア対応をしていませんでした。

そのため、

ユノ様とチャンミン様への一方的な誤解と憶測とデマは、

ユノ様チャンミン様自身だけでなく、

その両親や家族にも及びました。

そして、ユノ様とチャンミン様が立場表明を出した翌日の11月2日、

ユノ様とチャンミン様のパパが”確認書”として、息子の弁護をしました。

それほどまでに、

当時ユノ様とチャンミン様の置かれた状況は深刻だったのです。

その”確認書”をご紹介しますね。

まずはユノ様のパパから。

私は東方神起のリーダーチョン・ユンホの父であるチョン・ヤンヒョンです。

仮処分申請という訴訟が提起された後から訴訟の結果が出た今までに仮処分申請を提起していない二人のメンバーは、

実質的に最大の被害を受けています。

現実的に東方神起というグループが存続するのが難しく、

今回の結果による二人のメンバーの経済的、精神的損失と、

何よりも二人のメンバーたちの名誉の失墜はどこで償われるのか、

ただただ辛い心情だけです。

仮処分申請を3人のメンバーが提起した後に、

私は今日一体どのような理由により、

これらの「東方神起問題」とまで呼ばれることに対して、

あまりにも大きな悲しみと怒りを感じています。

わずか数ヶ月前までお互いに尊重し、

尊敬していた会社の関係者とメンバーたち。

また、数年の間血の出る努力で練習生時代を経てデビューし、

デビュー後5年の間に努力して韓国、

日本などアジアで最高の歌手にまで成長して、

歴史的な日本の東京ドームを連日完売させるまでの公演をすることにした東方神起が、

なぜ今このような危機を迎えるべきか、

あまりにも切ない心情だけで、

3人のメンバーが一体なぜ、

一体どのような理由で国を代表する韓流の名誉と驚異的な付加価値と将来の保証を放棄し、

これらの巨大な混乱を生じさせていることに対して、

今でも私は信じられません。

私は3人のメンバーたちにどのような理由であれ、

このような巨大な混乱を起こし、

国家的ブランドである東方神起を分裂させるべきなのか、

この事件の当事者ではなく、

残りの二人のメンバーの名誉は眼中にもなく、

このように罵倒してもよいのかお聞きしたいと思います。

この事件の真実は、他の2人のメンバーはすべてを知っています。

しかし、二人のメンバーが立場表明もせずこれまで沈黙してきたのは、

当事者が相互に合意をすることができるよう、

真実を歪曲せずに会社や東方神起の内部の問題を早く解決されることを望んでいるからです。

残りの2人の立場から見れば、

今回の事件によって精神的、経済的、社会的にもっとも大きな被害に遭っている状況においても、

東方神起を守るために今までいかなる発言も自制してきましたが、

正確な事件の本質と真実を話すことが結果的に東方神起を守り、

東方神起の名誉の助けになると思い、

この文章を書くことに至りました。

今回の事件の本質を正しく把握するためには、

3人が仮処分を申請することとなった根本から問うてみなければならないと思います。
東方神起が解散すれば、

社会的な波紋、イメージの失墜、名誉の失墜、

今後予想される経済的な損失など莫大であるにもかかわらず、

これを放棄して何かをやろうとするならば、

これよりもさらに大きな何かがあるはずです。

すなわち、過去5年間、今よりも成功していなかったときでも今よりお金を多く稼ぐことができなかったときでも良好だった関係を、

もっとも成功したこの時期に結果的には東方神起から出て行こうとする理由は何でしょうか。

私は、今回の事件の本質には、

どうであれ化粧品事業とそれによる金銭的な欲があるとしか思えません。

このような事実を明確にするため、

化粧品事業に関してこれまで私が知っている事実を詳しくお話ししたいと思います。

私が化粧品事業について話を初めて聞いたのは2009年2月頃でした。

そのとき、3人のご両親と、

私とチャンミンさんのお父さんは考えが異なり、

現在アジアのトップ・スターである東方神起が世界的なブランドの化粧品モデルをすることもさして難しい状況ではなかったのに、

あえて生まれて初めて聞く化粧品会社に投資をし、

事務所と相談することなく代理店を出す等の行動をする理由が納得できませんでした。
また周囲から、

その会社が昔マルチ商法の会社だった等、

羊の胎盤を原料とした化粧品である等の話も聞きました。

公式的に事務所と相談して進める事業でもなく、

事業を進める化粧品会社自体も信頼度が低く、

下手をすれば国内のみならず海外でも東方神起のイメージとブランドバリューが下がるおそれがあると判断し、

私は息子にもそのような点を説明し、

息子も私と同じ考えを持っていましたので、

化粧品事業には全く関与しないと3人のメンバーとご両親にお話しをしました。

ところがその後、

日本で3人のメンバーの化粧品事業に関する問題が持ち上がることになりました。

この問題によって仮処分の申請をした3人のメンバーとSMエンターテイメントのキム・ヨンミン代表理事が日本で会合を持ったそうで、

2009年5月頃、化粧品事業についての問題を解決する目的で、

キム・ヨンミン代表理事と東方神起のメンバーの家族との会談がありました。

その場でキム・ヨンミン代表理事は、

日本のエイベックスから化粧品会社と関連して公式の質疑を受け、

単純投資ではなく直接・間接的に東方神起を利用した化粧品事業が進められているため、

これによって今後国内外で東方神起に対するさらに大きなイメージの損傷とメンバーに対する莫大な被害がありえると話し、

化粧品事業に対する自制を求めました。

しかし、3人のメンバーのご両親は、

これに反発するばかりでした。

キム・ヨンミン代表理事が席を立った後、

東方神起の家族だけとなったときに、

3人のメンバーのうちあるメンバーのお父さんが「もうSMとは仕事をしない」と発言をし、
私とシム・チャンミンさんのお父さんが残りのご家族たちを説得しましたが、

頑なな姿勢でした。

その後、3人のメンバーが2人のメンバーの父兄とは何の相談もなく、

SMに契約が無効である旨の内容証明を送ったという話を聞き、

その後に今回の専属契約無効に対する仮処分の申請をしたという事実を知ることとなりました。

東方神起は、メンバー3人だけのグループではありません。

会社、そして2人のメンバー(ユンホとチャンミンさん)に何の相談もなく法的措置をとって契約を否定し、

凄まじい社会的な波紋を起こしたのは、

2人のメンバーの権利さえも無視した措置であり、

膨大な被害を与えています。

これが、私が知っている今回の事件が起こることとなった理由の全部であり、

息子が命よりも大切に思っている東方神起がこんな理由によって危機を迎えることなり、

名誉が失墜するのはあまりにも不憫でなりません。

東方神起は、

結成当初から国内だけでなく海外でも最高のグループとなるために誕生しました。

デビュー前から海外進出に対するビジョンを事務所からずっと聞いてきたので、

親である私も知っていました。

他のメンバーとメンバーのご両親もご存知でした。

そのため、

契約期間が10年だったものを海外活動のために13年に延長して契約を締結したときも、

メンバー全員と家族が快く同意したのです。

私は、仮処分の申請をした3人のメンバーが、

存続契約が不当であり、

収益分配もきちんと受けられなかったと主張することが全く理解できません。

私は、そんなに問題があると思うなら、

デビューしてから収入の精算をするたびに、

詳細な資料を見て財務担当役員であるイ・ジョンイン理事に説明を聞き、

各精算書にサインまでするときに、

なぜ問題提起をしなかったのか、

契約が不当だと思ったのならば、

会社と契約を更新して締結するときに、

なぜ問題提起をしなかったのか、

3人のメンバーとそのご両親にききたいです。

彼らがどのように答えるかわかりませんが、

会社との専属契約を無視して金を稼ぎたいという目的のためにこのような事態が起こったというのが事実であるというのが、

本当のところであり、

真実は隠し通すことができないでしょう。

息子はまだ23歳です。

まだ社会についてよく知らず、

これからも数十年のあいだ芸能生活をするのか、

一般人として生きていくのかはわかりません。

今回の事件によって、

私もそうですが息子も大きな傷を負いました。

大きな傷を負った息子に対して父親として言ってやりたいのは、

真実はいつかは必ず明らかになることで、

世の中のすべてをある瞬間までは騙せるとしても、

自分の良心と神だけは知っているのだから、

どんな苦しみが伴おうとも正義と良心を守る、

そういう人間になれ、と言い、

少なくとも約束は守り、

信頼は失わず、

また、法は必ず守らねばならないと強調してきました。

「ほんの少し良心に目をつぶれば巨額の金が生まれるかもしれず、

正しい道があるが近道をすればひとより先に行くことができ、

このような便法が世の中の真実だ」と自分の子供に教えたくはありません。

それで得たものは結局たやすく壊れるものだということを、

自分の息子だけでなく

息子同然の3人のメンバーにも話してやりたいです。

私と息子(チョン・ユンホ)は、

デビューする前から今まで、

繰り返し事務所から東方神起としてのビジョンと今後の計画について聞き、

私と息子もそれに同意し、

これに合意したから契約を締結したのです。

そのため、今現在、私と息子の立場において、

将来もSMエンターテイメントが東方神起をさらに発展させ、

国家的なブランドとして成長させるであろうという確信があり、

SMエンターテイメントをはなれた東方神起は想像することができません。

今後も今回の件を賢明に克服し、

事務所と共によりいっそう成長していくであろうと確信します。

チョン・ヤンヒョン

このユノ様のパパの書面を読んだときに、

「これユノ様が書いた?」と思いました。

だって、

ユノ様のいつも正義感に溢れるまっすぐな性格そのものなんだもの。

ユノ様のパパの若いころの写真を見たときに、

「ユノ様そっくり」って思ったけど、

性格までパパ譲りなんだね。

ユノ様はよくメディアでパパのこと尊敬してるって言ってるのがわかった気がする。

正義、道徳、信義、義理を持っているこんな素敵なパパたちを持つユノ様とチャンミン様が守っているのが現在の東方神起なのですね。

東方神起ユノは嘘つきなのか

さて、本題。

「訴訟を起こしたとき、

僕たちは知らなかった。」と番組で語り、

「嘘つき」とバッシングを受けたユノ様。

ここまでユノ様とチャンミン様の”立場表明”とお二人のパパの”確認書”を読んで、

ユノ様が「嘘つき」なんてありえない。

『正義、道徳、信義、義理』を重んじているパパを尊敬しているユノ様が、

世間を巻き込んだ『東方神起分裂騒動』に関する発言で嘘をつくなんて考えられません。

確かに、3人が訴訟を起こした2009年7月は5人は常に一緒に行動していました。

でも、仕事だから一緒にいるだけで、

ユノパパの確認書からもあるように、

心は完全にユノ様・チャンミン様の2人とジェジュン様・ユチョン様・ジュンス様の3人に分裂していました。

ユノ様は友達同士でけんかしているのを見るのが嫌いな性格。

そんなユノ様に「SMを相手に訴訟起こそうとしている」なんて、

3人が言うでしょうか。

言ったとしたら確実にユノ様に止められることがわかっているので、

めんどくさい。

なので、ユノ様とチャンミン様にはばれない様に訴訟の話を進めていったのは間違いないでしょう。

「訴訟を起こしたとき、僕たちは知らなかった。」と言った後に、

続けてユノ様はこう述べています。

「人から聞いて知ったのでもどかしかった。」

そう言うユノ様の表情を見てください。

とても悲しそう…。

当時のことを振り返って、

辛かった気持ちが込み上げてきたのかな…。

このユノ様の表情を見て嘘つきだなんて、

私はとても思えない…。

チャンミンにフォローされ東方神起分裂騒動について語るユノの姿

MCのカン・ホドンさんから東方神起分裂騒動が起きた原因について聞かれたユノ様。

時折言葉に詰まりながら、

うつろな瞳でこう答えています。

「僕たちがまだ若いうちに突然成功してしまった。

日本でもいい成果を収めることができたので、

その雰囲気に流されて今のような状況にまで来てしまって、

僕としてはとても胸が痛みます。」

ユノ様の言葉に耳を傾けるチャンミン様。

嘘つきかなぁ?

ユノ様嘘ついてるかなぁ??

ユノ様とチャンミン様、本当に辛そう…。

こんな寂しそうで辛い表情のユノ様とチャンミン様を見ているの、

私も辛いよぉ…。

嘘つきとバッシングされたユノの発言の真実

東方神起分裂騒動について語ったユノ様に「嘘つき」とバッシングがあったことについて、

真実を確かめるため、

当時起こった東方神起分裂騒動にまでさかのぼりました。

東方神起分裂騒動の発端とその後の書面によるユノ様とチャンミン様の思い、

さらにはユノ様のパパの書面…。

正確な判断でいうと「訴訟を起こしたことは知らなかった」というユノ様の発言は嘘かどうかはわからないです。

でもユノ様のことだから、

ファンが注目している中で、

当時世間を巻き込んで大騒動した東方神起分裂騒動に関して嘘を言うわけはない。

だから、本当に知らなかったんだと思う。

でも確実な証拠があるわけじゃないから断言はできないんだけど、

ユノ様は嘘つきなんかじゃないって信じる、

信じたいって思うのがファンなんじゃないかなと思う。

だって、

自分の好きな人大切な人が「こうだった。」って言った言葉って、

周りがどういおうが信じたいって思うものでしょ?

だから、ユノ様の発言についてもおんなじ。

本当のところはどうかわからないけれど、

私は信じてる。

ユノ様のパパの書面から、

当時どれだけユノ様とチャンミン様が精神的に追い詰められていてつらい状況にいたのかが伝わってきて、

胸が痛くなりました。

でも、それを乗り越えてユノ様とチャンミン様は東方神起としてカムバックしてくれた。

なんかもう、

それだけで十分すぎるんです。

ただ、

最後にひとつ「ユノ様嘘つきだなぁ。」と思った発言があります。

東方神起分裂騒動が起きた原因についてユノ様は

『若いころに成功した雰囲気に流されたこと。』と答えたこと。

だって、ユノ様のパパの書面から『3人が化粧品事業に手を出したことが原因』って言ってますもん。

でも、事実だからと言ってこれをテレビでいうと、

JYJのメンバーやご両親、

そしてJYJのファンが嫌な気持ちになる。

だからはっきりと言わないで、

言葉を濁した。

元東方神起メンバーやそのご両親、

ファンのことを配慮するなんてことは当たり前なのです。

他人を傷つけないための嘘。

そんな『嘘つきユノ様』が素敵だなぁと思いました♪

うーん、ますます惚れちゃうぜ、こんちくしょう

東方神起が解散した時のユノの想いに涙…他人を傷つけないためのユノがついた嘘がヤバイ…