「党の推薦がなくても都知事選に出る」

と強気の姿勢を崩さない小池百合子氏に対し、

自民党幹部はカンカンだ。

「小池さんは、都内で行なわれた参院選の応援演説に出席したんですが、

会話する議員はほとんどいませんでした。

また、そこに安倍晋三総理と石原伸晃(のぶてる)都連会長が現れて、

小池さんのほうに近づいていった。

その時に、小池さんは会釈をしましたが、

ふたりは小池さんを見ることもなく、目の前を素通り。

自民党は小池さんをガン無視ですよ」(全国紙記者)

 

女性初の自民党総務会長を務め、

将来の総裁候補とまでいわれていた小池氏が、

なぜここまで嫌われるようになったのか。

ジャーナリストの須田慎一郎氏が語る。

「小池さんは、小泉政権の郵政選挙(2005年)で、

兵庫から東京選挙区に落下傘候補として参戦。

当時の“刺客”の象徴的存在でした。

そのため、

敵対する自民党都連はかなり苦しい戦いを強(し)いられた末に敗戦。

都連内では、

造反組として小池さんに敗れた小林興起(こうき)氏に同情する声が多かったんです。

また、小池さんは日本新党の細川護熙(もりひろ)さんから始まって、

新進党、自由党では小沢一郎さん、

自民党では小泉純一郎さんと安倍晋三さんと政党を渡り歩き、

常に時の権力者の側にいた。

そして、前々回の総裁選では安倍さんから石破茂さん支持に変えるなど、

節操のなさに党内では不信感が募っていたんです」

それが今回の

「都連への相談なしの都知事選立候補表明」

で爆発したのだという。

しかし、それだけでこれほど嫌われるものなのか。

よく知る人たちに小池氏の人物像を聞いてみた。

 

20年くらい前の話ですが、

ある集会で壇上から聴衆に語りかける小池先生を見て、

なんてキレイで誠実な人なんだろうと思いました。

しかし、その後、控室にご挨拶(あいさつ)に伺うと、

脚を組んでいて、

態度もさっきとあまりに違っていてショックを受けたんです。

裏の顔がある人と感じました」(50代・野党秘書)

「秘書にはとても厳しい先生だという印象があります。

09年の総選挙で、

小選挙区で負けた(比例で復活当選)のは秘書のせいだと言って、

その秘書をクビにしたと聞いています」(40代・野党秘書)

 

また、キャスター出身ならでは(!?)のアピール好きを指摘する声も。

 

「小池先生は何かあると

『党本部で記者会見を開きましょう』

と言っていました。

パフォーマンス重視で、映像を非常に気にします。

テレビに流れたときのことを考えた話し方やジェスチャーは天下一品でしたね」

(50代・与党秘書)

「小池先生は機転が利いて、

当意即妙の切り返しがうまい。

そういうところが小泉さんや石破さんには好まれるんですが、

逆に森(喜朗)さんや安倍さんは余計なことを言うヤツだと嫌っていますね」
(50代・与党関係者)

取材を進めるなかで多く聞かれたのが、

かなりの「策士」だという声だ。

「小池先生は政治家になってから、

うまく立ち回り脚光を浴び続けてきました。

今回もある意味、

絶妙のタイミングで立候補をぶち上げて党内をかき回し、

自分は悲劇のヒロインを演じている。

一般の人が

『小池さんはかわいそうだ』

と感情移入するのが先生の作戦なんです」(40代・与党秘書)

 

う~ん、聞けば聞くほど出てくるガッカリ情報の数々…。

これでは党の幹部からガン無視されるのも仕方ない!?

 

YouTube動画はこちら↓