当時は全く知らなかったのですが、調べてみたところ、

この「日本人から学ぶ10の事」は、東日本大震災時に、

国連、IMF、世界銀行などの間で話題になったチェーンメールだという話です。

挙げられた「10の事」は以下。

1:冷静さ

(騒ぎ喚く、あるいは悲嘆にくれる人はなく、そこには静寂だけがある)

2:尊厳

(水と食料の配給を整然と待つ人々。
そこには声を荒げる人、粗野な行動を取る人間はいない)

3:建築技術

(素晴らしい建築家たち。建物は揺れたが、崩壊することはなかった)

4:他者への思いやり・品格

(全員の手に渡るよう、それぞれが必要な物だけを買う)

5:秩序

(略奪や、クラクションの音・無謀な追い越しはなく、ただ相互理解がある)

6:自己犠牲の精神

(原子炉に海水を注入するべく、50人の作業員が原発に留まった。
彼らにこの恩を、どう返せばいいのだろうか?)

7:優しさ

(レストランは値下げをし、警備されていないATMに手を出す者もいない。
強い立場の者は、弱い立場の者を気遣っていた)

8:災害訓練

(老人や子供を含め、すべての人間が何をすべきなのかを把握している。
そして彼らは、淡々とそれを行った)

9:メディアの報道姿勢

(ニュース速報時、メディアは見事な自制を見せた。
愚かなレポーターはおらず、冷静なルポが続いた)

10:道義心

(店が停電に陥った際、客は商品を棚に戻し、静かに店から立ち去った)

以上が引用でした。

次は海外の反応もご紹介致します。

・俺達が災害に立ち向かおうって時にすることは、

近くの政府機関に向かう途中に略奪するくらいだからなぁ。

そんで座り込んで他人からの施しを求めるの。

国籍不明

・日本人は驚くべき人々だな。どうか欧州の轍を踏まないでくれ。

そして規律を失い、馬鹿げた文化を取り入れることはやめて欲しい。

つまり、君たちの素晴らしい文化と生き方を失わないで欲しいんだ。

次の世代にこの文化を保つ、その権利をどうか守ってくれ。

パラサイトたちに、君たちを侵すことを許しちゃいけないよ。

アメリカ

・日本は今まで色んなことが起こってきたけど、

自尊心、尊厳、そして自国への忠誠心を絶対に失くさないね……。

ヨルダン

・凄まじい人種的偏見だって?

日本人は君が思ってるほど人種差別的じゃないぞ。

どこ国にもそういった人がいるだろうが、日本は他の国より酷くないから。

日本を含む色んな国に住んできた俺としては、

そういう面ではアメリカが一番酷いように思えた。

アメリカ

・俺は、日本という国が大好きなんだ。

アメリカ

・尊厳と誇りに満ち溢れた国家、それが日本なんだ。

イギリス

・日本人からは、沢山の事を学べる。

日本人から学ぶ10の事を知れた事に感謝したい。

スウェーデン

以上です。

 

YouTube動画はこちら↓