本当に惜しかった。

戦いには勝ったが、惜しくも敗れた。

宿命のライバル対決だということを勘案すれば、

深いため息が出るほどの勝負だった。

しかし頭を下げる必要はない。

客観的に劣勢だった戦力差を考慮すると、

敵を倒す直前まで持っていって延長で接戦を繰り広げただけでも拍手を受ける必要がある。

一度の敗北は、

今後より大きな試合での勝利の基礎になるに十分だった。

ソンドンヨル監督率いる野球チームが16日、

日本の東京ドームで開かれた

「アジアプロ野球チャンピオンシップ(APBC)2017」

日本との開幕戦で、

延長10回の末に7-8惜敗をした。

9回表まで4-3、

10回表まで7-4でリードしていた状況を考えると、

深い物足りなさが残る敗北だった。

何よりも必勝継投組のおさえが惜しかった。

代表チームは先制点を許したが、

4回のキムハソンのソロ本塁打、

イジョンフの2打点2塁打などで逆転に成功して勝利を目の前にした。

しかし9回ブルペン陣の連続四球3つで4-4同点を許したのに続き、

7-4でリードの10回裏、日本に同点3点砲を打たれてサヨナラ安打された。

敗北は残念だが成果は少なくなかった。

何よりも、日本とやってみるだけの力があるという自信を得た。

もちろん勝っていたらその効果はより大きかっただろうが、

1点差、それも延長負けは、

若い選手たちには、

より貴重な経験になることがある。

そもそもAPBCは、

24歳以下又は入団3年以下のプロ選手が出る大会だ。

ただし、それとは関係なく選抜できる3人のワイルドカード(WC)があった。

しかし代表チームは日本とは異なりWCを使わなかった。

ソン監督は、選手選抜に先立って悩みがあった。

WCを使うかどうかであった。

戦力を考えるなら、

脆弱ポジションにKBOリーグトップクラスの選手を選抜しなければならなかった。

しかし未来を見ようとする若い選手を1人でも多く送るほうがよかった。

ソン監督は

「2020年の東京オリンピックが東京ドームで開かれるのに、

この球場を経験した若い選手がほとんどいなかった」

とし

「だからいっそWCより若い選手を連れて行って、

東京ドームを経験するのが良いのではないかと思う」

と語った。

結局ソン監督は、

今回の大会にベテランを連れて行かなかった。

ことごとく24歳以下、

もしくは3年目以下の若い選手たちでエントリを満たした。

事実ソン監督がこのような決定を下したのには、

日本の影響も大きかった。

中日で「名古屋の太陽」と呼ばれるほど日本の事情に明るいソン監督は、

「日本はWCを選ばないといったよ」

として

「それならなおさら私たちは、

WCを連れて行く理由がない」

と述べた。

しかし実際にWCがないチームは韓国だけだった。

日本は投手に又吉克樹(27・中日)、

捕手に甲斐拓也(25・ソフトバンク)、

内野手に山川穂高(26・西武)を選んだ。

又吉は今年50試合8勝3敗21ホールド、

防御率(ERA)2.13を記録し、

甲斐は打率2割3分5厘、5本塁打だが、

次世代捕手として数えられるし、

山川は今年78試合プレーして打率2割9分8厘23本塁打61打点を上げている。

日本のWCはこの日の勝敗に大きな影響を及ぼした。

山川は1-4でリードされた6回に2点本塁打を放ち、
追撃の足場を用意した。

勝負に仮定法は無意味だが、

日本のWCのホームランがなかったら、

韓国が勝利する可能性が高かったことも事実である。

すでに過ぎ去った敗北の痛みをずっと噛むのは意味がない。

この日の敗北でどのような意味と教訓を得るかが重要である。

クチャンモ(NC)、

キムユンドン(KIA)、

ハムドクチュ(斗山)など必勝組の失点は残念だが、

どうせ一度は苦しまなければならない国際大会の経験である。

代わりにチャンヒョンシク(NC)、

キムハソン、イジョンフ(以上ネクセン)、

ハチュソク(ハンファ)、

リュジヒョク(斗山)などがこの日、

日本野球の心臓で、

日本人の胸をドキッとさせて自信を得た。

今回の大会は目標ではなくプロセスである。

代表チームが本当に集中して眺めるのは、

来年のアジア大会と2019年のプレミア12、

2020年の東京オリンピックである。

WCがなくても、

日本をこの程度押さえつけただけでも、

代表に与える効果は大きい。

「君たちはWCがないと勝つことができないのか?」

という心理的な優位性を得るに値する。

特にプレミア12やオリンピックでは、

この記憶は大きく作用することがある。

日本は当初、

WCを選ばないように見えたが、

最終的には含めた。

2015年プレミア12当時、

優勝を韓国に渡した痛みを思い出したからだった。

それでも韓国に敗北寸前まで行って起死回生した。

APBCで「サムライジャパン」の士気をかきたてようとした日本の意図は、

開幕戦で一度失敗していたわけだ。

韓国野球にたいする日本の恐怖は大きい。

日本は2年前のプレミア12でも開幕戦で韓国に勝ったが、

準決勝で衝撃の大逆転負けをした。

テレビで韓国が優勝をする姿を苦く眺めるだけだった。

ソン監督はこの日の試合後、

「良い試合をした」と会心の笑みを浮かべた。

日本はこの日、勝ったが、勝ったのではなかった。

敗北直前で起死回生し、かろうじて胸をなでおろした。

韓国は負けたが、

その敗北は収穫が多かった。

特にこの日の敗北は、

選手たちに歯ぎしりする闘志を育てて与えてくれたはずだ。

APBC開幕戦の真の勝者は、

おそらく日本ではなく、

ソン監督率いる韓国野球であろう。

以上が引用でした。

では、この記事を見た韓国人の反応も一部ご紹介致します!

 

・確かにブルペン陣は惜しかった…

 

・何を言ってるんだ。負けは負けだ。

 

・勝てる試合を逃したのが惜しい…

 

・まさかとは思ったが、やはり痛快で素敵な逆転負けをしたね…ウイグ!

 

・笑わせるな。
ソン監督は投手の交換もマトモにできなかったのに、どういうでたらめだ?

 

・昨日5時間見守っていた国民は、投手交代のタイミングが苦しくて死ぬところだったが…

 

・ヨウンピョ兄「国際大会は経験するところではない。実力を証明するところである。とにかく勝たなければならない。」

 

・ああ本当にこんな話をするな。
精神勝利したら嘲笑される。

 

・恥ずかしい精神勝利しないで。黙ってろ。私たちは負けた。

 

・負けてもいい負け方をしなければならない。
7-4で延長リードした試合を長打2つ許可して7-8で再逆転されたのに、これが庇える内容か?

 

以上が引用でした。

スポーツの世界は厳しいです。
結果が全てです。

試合に勝たなければ今まで厳しい練習をしてきた事が報われません。

今回の悔しい想いを糧に次ぎの試合に繋げて下さい。

私は次も日本の勝利を確信していますけどね!

 

YouTube動画はこちら↓