今回はとんでもない煽り記事を見つけたので、ご紹介致します。

 

では、以下引用となります。

記事タイトル

「大技固執がアダに
羽生結弦は五輪連覇でも選手生命の危機」

来年2月の平昌五輪に向け、急ピッチでの調整を強いられそうだ。

フィギュアスケート男子の羽生結弦(22)を指導するブライアン・オーサー・コーチが16日(日本時間17日)、

フランス・グルノーブルで会見。

先のNHK杯の練習中に負傷した右足について

「(関節外側の)靱帯を伸ばしただけで、

切れてはいないと理解している」

と軽症を強調した。

羽生とは連絡を取り合っているそうで、

「まずは足をしっかり治し、

全日本に向けて準備させる」

と平昌五輪選考会となる全日本選手権(12月21~24日・東京)で

復帰させる意向を明かした。

羽生はNHK杯の公式練習で、

今季から取り組んできた大技の4回転ルッツの着地の際、

バランスを崩して転倒。

右足関節外側靱帯損傷で出場辞退を余儀なくされた。

シーズン開幕前から4回転ルッツの実施に猛反対していた

オーサー・コーチによれば、

羽生は依然として大技の成功にこだわりを見せているという。

今季、男子のトップスケーターはこぞって、

演技に大技を取り入れている。

羽生にとっては4回転ルッツの成否が五輪連覇のカギを握ることになるとはいえ、

このままいけば平昌五輪が「ラスト演技」になる可能性もある。

そもそも、オーサー・コーチが、

この大技の実施に難色を示したのは、

故障リスクが高いからだ。

着地に成功しても、

腰や膝への負担は計り知れず、

選手生命を脅かしかねないといわれている。

ただでさえ古傷を抱えている羽生は、

五輪でのメダル獲得と引き換えに

リンクを去ることにもなりかねない。

以上が引用でした。

煽るような見出しと内容に思わず二度見しましたよ。

羽生さんはとても賢明な方です。

選手生命を脅かすような無茶な選択はしないでしょう。

では最後にこの記事を見た方の反応も一部ご紹介致します。

・オーサーに直接聞いたの?

また聞き?

歴代のトップ選手は皆ギリギリのところでトップに立ち続けてますよ。

それが善しではないけど、

そんなのは羽生くんが一番わかっていると思う。

・同じことを書いてる記事でも

ここまで炎上狙いの記事はなかった。

選手生命の危機を嬉々として取り上げるのは気分が悪い。

・ファンを煽るなよ。

羽生は一生懸命頑張るって言ってる。

一生命懸けてって言ってなかったっけ?

今羽生が限界まで色々やろうとしてるんだから。

羽生だって怪我のリスクは分かってる。

とにかく今は羽生をそっと見守ってあげるのがいいと思う。

・すごい煽り記事。

あとオーサーコーチと意見が違うことをコーチとの

信頼関係に問題があるように書いている記事を他でも見かけるけど、

お互い考えが違う事を認めあった上で

お互いを尊重している関係だと思うんだけど。

違う意見でも話し合いをすることで、
お互いを理解して、

信頼関係を築いている様子は

オーサーコーチのインタビューなどからも感じられる。

・現在の羽生さんの本当の心境はともかく、

少し前に、今回の負傷以前に、

「選手としては平昌オリンピックのある今シーズン終了時での引退を考えている」

というような記事も見たことがある。

つまり、今回の負傷がなくとも、

オリンピック或いは同シーズンの世界選手権を最後の試合と考えている可能性はあるのだ。

それをことさら、

無理をしたから今期での引退を余儀なくされるかも、

という捉え方は、悪意を感じる。

怪我にかかわりなく、

オリンピックでの有終の美の引退を選んだとしても、

それはそれで立派な選択ではないか?

私は彼のジャンプのテクニックと、

芸術的美の両立したスケーティングを愛している。

・今回の怪我は、熱がある中で4Lzを跳び、

いつもと違う転び方をしたのが原因じゃないんですかね。

足に力が入らなかったので、

逆にひどい捻挫にならなかったように思う。

公表はされていないが、

ギプス固定をしていないのを見ると、

捻挫レベルが3段階あるうちの一番軽度に該当するのではないか。

選手生命とかいうほど大袈裟じゃないよ。

オリンピックシーズンだから慎重に対応しただけだろう。

4Lzを入れるのかどうかは、

右足の回復状態によってくると思うが、

また跳ぼうと本人が思えるならそれはすごい。

恐怖心でなかなか跳べなくなるのが普通だと思うから。

まずは右足に負担のかからない4Loを重点的に練習して、

全日本には昨季と同じ構成で臨むだろうな。

・タイトルや記事の内容は不快だが、

4回転が当たり前になってきているこの現状が

選手生命を縮めかねないのは一理あると思う。

未来あるアスリートが致命的故障で

志半ばでリンクを去ってしまうことがないよう願ってます。

・羽生選手やフィギュアが好きです。

元気がなくて落ち込んでいる時や、

頑張ったのに上手く行かなくて落ち込んでいる時に

羽生選手が一生懸命1試合1試合魂がこもった演技に元気を貰っています。

たとえ、上手く行かなくてもいつも前向きで

逆境でさえも力に変えて命がけでフィギュアスケート競技に打ち込む姿に感動を貰っています。

彼の人生は決して平坦ではなくて、

それを乗り越える為にどれだけの努力や挫折があったかと思うと魂が揺さぶられます。

このような羽生自身が決めるようなこれからの人生を憶測や妄想で書いていいものでしょうか?

オリンピックシーズン前に出す記事でしょうか?

自国の選手に対しての応援の力を与えたり促すような記事も書けないのでしょうか?

とても悲しい気持ちになり日本人として

1読者としてこの記事を掲載した意図するものは

何かと考えさせられたし憤慨しました。

・4Lzは、宇野も入れる可能性があるし、

ボーヤン、ネイザン、ゾウさん、コリヤダも跳んでいる。

来季ルールが変わって、

ジャンプが1本少なくなったら、

トップで戦いたかったら1番重要なジャンプになる。

羽生は、現役続行に意欲を示しているし、

いずれは4Lzの練習を再開するだろう。

ところでロステレで膝を深く折って着氷したのは、

氷が硬くて弾かれるのを避けるため。

だから危険な跳び方でとんでいるわけではない。

恐怖心さえ消えたら4Lzを入れる障害はなくなる。

まだ完成してはいないけど、

ゆづ自身にとって4Lzは、

自分が跳べるジャンプという認識。

それに4Lzを入れないと、

やっぱりSEIMEIは完成しない。

だから羽生は4Lzを入れることにこだわっていると思う。

自分が跳べるジャンプである4LzをFS入れて五輪を連覇したいなら、

今はそういうプランを練って、

そうしたらいいと思う。

妥協策を考えるのは直前にでも出来る。

以上が引用でした。

YouTube動画はこちら↓