Hey! Say! JUMPの山田涼介さん主演で実写化された『鋼の錬金術師』のジャパンプレミアが、

今月15日に行われました。

映画を見た方がそのレビューを

“#ハガレン感想”をつけてツイッターに投稿すると

プレゼントが当たる企画があり、

ツイッターには次々とレビューが投下されているのですが、

公式さんが見るはずのこのハッシュタグがおもしr…

いえ、酷いことになってしまっているのです。

そもそも、

実写化されることが発表された当初から、

ブーイングの嵐だった同作。

そんなハガレンのジャパンプレミアが今月15日に行われ、

主演の山田さんを始め、

本田翼さん、ディーン・フジオカさんなど豪華キャストが舞台挨拶に登壇し、

ファンを喜ばせました。

ところが、

映画の方はやはりあまり良くないのでしょうか、

ネットのレビューが酷評の嵐になっています。

映画の公式さんが今、キャンペーンをしてまして、

“#ハガレン感想”をつけて映画の感想をツイートするとプレゼントが当たります。

そのため、数多くの感想が上がってるんですが…

内容は、こんな感じです。

Twitterからの引用です。

・みんなの感想をまとめると

「映画を見るよりも実際に金をドブに捨てたほうが時間を浪費しない分建設的」

・分かった!

この映画は原作ファンの心を砕いて

賢者の石を錬成する大儀式だったんだよ!

・大ヒット作の映画化と聞いて楽しみにしておりました。

派手なアクションシーン、

考えさせられる人間の業…。

途中からのオリジナル展開やラストシーンには賛否両論ありましたが

原作数巻だけの状態でよくぞここまで昇華させたという感じでした。

自分は結構好きですよ、「シャンバラ」

・実写版ハガレンの感想が悲鳴の嵐で予想通り感が凄いけど

0巻人質に取られてるから

「これが撃てなかったヒューズの気持ちか…」

って恐怖

等価交換って点では一番原作再現してる…?

見てないけど

・地獄を覗いてしまった…

賞品のために取ってつけたような褒め言葉言うのも地獄だけど

何よりハガレンなのに賞品が金貨ってどうなんですか???

金は錬成しちゃダメっつてるのに

・あんなに原作に忠実って言ってたけど、

フタを開けてみたら、原作に忠実かな?

って思うのは断片的なシーンが10%くらい。

あとはだいたい原作とは違います。

0巻目当てに行ってみてください。

・途中で出ようとしたけど

お金がもったいないので最後まで見ました。

原作ファンは見ないことを強くおすすめします。

酷い言い方かもしれませんが

それぞれの俳優さんがキャラになりきれていません。

なので俳優ファンの方はそこそこ満足するかと。

・まあ原作知らんのやろうなって

一番思うのは大佐が手袋から火炎放射してたところ

大佐の錬金術は炎作ってるわけじゃないんだから

火花が飛ぶことこそあれど一直線に焔が伸びてくわけないやろと

ラストの例のシーンだけ動画サイトかなんかで見たのかね

・普段は滅びろとか消えろとかボロクソに言われる存在の転売ヤーが、

0巻が人質に取られていることで

今回だけは神のような存在になってるの面白過ぎるでしょ

以上が引用でした。

これ、公式さん、見るんですよね…?

お気の毒です。

また、映画の入場特典が原作者書き下ろしの

『鋼の錬金術師0巻』ということにも原作ファンからは

「このタグを読んでると感想がはっきり二分化してる

ビジュアル出た時点で見に行く気のなかった私はやっぱり間違ってなかったなと…

でも0巻は絶対にほしい…

そこで原作興味ないジャニヲタの入場料を払うから

0巻もらうっていう等価交換を提案したい。」

と言われている有様です。(笑)

まあ、すべてまだ映画を見ていない人の書き込みっぽいので、

実際の映画が酷いかどうかはまた別の話です。

ツイッターはちょっとネタ投稿と

プレゼント狙いの運営さんへの媚び投稿と本当の感想の区別がつきにくいので、

映画.comを見てみました。

まだ試写段階なので感想はまだ少なめの5つ。

星は平均で3.1となっています。

(以下引用)

「一原作ファンとして本日の試写会に参加しました。

ジャパンプレミア後悪評を書いているものだけが一人歩きしていて不安でしたが面白かったです。

ハガレンの世界観はやっぱり大好きなのでそこが2次元ではなく3次元として見れたのは凄く興奮しました。

売りにしているCGやアクションはもちろんよかったですが、

何よりキャストスタッフがこの作品を愛しているんだなーと伝わるのがよかった。」

「昨日見てきたのでレビューを 素直に面白かったです。

CGも流石曽利監督素晴らしかった。

エルリック兄弟の絆に涙が出てハガレンの世界観が再現されていることにも感動。

オリジナルな所も楽しめました!」

(以上引用 映画.com)

5つ中、2個は見ていない方の感想で、

星0.5がつけられていました。

見ていない方が星をつけるのはちょっと反則気味だと思うんですが、

見た方の感想3つだけであれば平均すると星4以上になります。

ただ、この段階で試写を見ているという方は、

山田さんはじめ出演俳優さんの大ファンの方という可能性も高く、

そうなると悪い星はつけないだろうということ、

たった3つの感想が全て星4以上であっても、

ちょっと母数が少なすぎるということで、

参考にはならないでしょうか。

やはり、実際に公開されてみないと本当のところはわかりませんね。

意外に出来が良かったりすると、

『銀魂』のように大ヒットする可能性も…

少しはあるかもしれませんから。

映画の公開は12月1日です。

果たしてどんな結果になるのか、楽しみですね。

YouTube動画はこちら↓