今回ご紹介するのは、

 

ルーレットの確率3分の1のところに賭ける方法です。

1-12と13-24と25-36のうちいずれか2つに賭けていくのです。

 

例えば、今1-12と13-24のエリアに賭けたとします。

 

この場合、25-36か0か出なければ勝ちです。

 

 

 

その勝率は?

 

約65パーセントです。

 

理論上3度に一度は負けることになります。

 

 

 

しかし、現実は理論どおりにはいきません。

 

偏りがあります。この偏りが味方になってくれる時も敵になることもあります。

 

味方になってくれた時に勝ち逃げするのが、カジノで稼ぐ賢い方法です。

 

 

 

偏りが味方になってくれないと思ったら、その日はツキがないと諦めさっさと切り上げることです。

 

理論上、数をこなせばこなすほど勝率65パーセントに近づくので、必ず勝てることなります。

 

しかし、落とし穴があります。

 

それは、勝ち負けの上下の波があります。その波にも大小あるのです。

 

 

 

その大きな波の下限が手持ち金の額を超えた時、プレイヤーはパンクしてしまいます。

 

だから、その波の上限を見切ってうまく切り上げるのが勝つコツなのです。

 

 

 

例えば、持ち金5000ドルでスタートする場合、ベットは100ドルづつです。

 

持ち金が500ドルならベットは10ドルです。

 

つまり1ベットは所持金の2パーセント

 

(実際は2箇所賭けるので4パーセントです)ぐらいが丁度いいということ。

 

 

このくらいのベットなら、ある程度の額を短時間で稼げるし、

 

負けが込んで下限の波が最下位に来ても

 

資金が尽きる(パンク)前に挽回するだけの回数を稼げるはずです。

 

 

 

0が出た場合は、3つのエリア全てに賭けます。

 

0が連続で出ない限りプラスマイナス0です。

 

 

何のためにこんなことをするかというと、

 

振り出しに戻って1-12と13-24と25-36のうちいずれか2つに賭けるためのデータを取るためです。

 

 

 

この方法はある程度ハイリクス、ハイリターンですが、

 

65パーセントの勝率にかけてみるのも、たまにはいいですよ。

 

 

カジノに完璧な攻略法なんて存在しません。

 

それでも他のギャンブルに比べても65パーセントという

 

高い勝率で勝負できるのはオンラインカジノの旨みといえるでしょう。