またしても悪意を感じる記事を見つけました。

 

屈辱の選考ではない。

選考基準に、

但し書きとして全日本選手権に出場出来ない場合が書いてある。

実力と実績を見て代表に選ばれるのに誰も否定はしない。

以下引用です。

「結弦はショックを受けて泣いていた……」

帯同していたコーチはそう明かしたという。

11月10日、

グランプリシリーズ第4戦となるNHK杯を棄権した羽生結弦(22)。

大会前日の公式練習で転倒してしまい、

右足首じん帯を損傷したのだ。

今回の欠場で、

12月のGPファイナル出場は絶望的。

大会5連覇という前人未到の夢は消えてしまった。

さらに年末の全日本選手権や、

来年2月の平昌五輪出場にも影響が出かねない状況だという。

「羽生選手のケガの状態について現時点では“全治不明”とのことで、

全日本への出場も心配されています。

GPファイナル出場を逃した羽生選手が五輪に出場するためには、

全日本で表彰台に上がらなければなりません。

もしここに出場できないとなると、

五輪出場に黄信号がともってしまうのです」

(前出・フィギュア関係者)

だがそんななか、

連盟はある計画を“画策”し始めているというのだ。

「連盟から

『羽生選手が全日本に出場できなくても五輪代表に決める』

との声が上がっているそうです。

五輪代表の選考基準では、

基本的に全日本の表彰選手とGPファイナル上位2名が出場対象となります。

世界ランキング上位選手や今季最高得点をあげた選手も可能性があるのですが、

そうなると全日本やGPファイナルで好成績だった選手を差し置いて繰り上げ当選させることになります。

こうした措置は過去にも賛否を呼んでいます。

羽生選手はケガがなければ、

正々堂々と代表の座を勝ち取っていたはず。

連盟のプランは屈辱的でしょう」

(前出・フィギュア関係者)

だが、ケガのたびに何度も蘇ってきた羽生。

今回も

「治療に専念し、

全日本に向けて頑張ります!」

と出場に意欲を見せている。

「この時期に練習できなくなるのは、

羽生選手にとってかなりのマイナスです。

それでも彼は

『五輪本番じゃなかったのが不幸中の幸い』

と言って、切り替えていますよ」

(別のフィギュア関係者)

羽生は逆境を乗り越え、

平昌五輪にたどり着けるのか!?

以上が引用でした。

この記事を見た人の反応も一部ご紹介致します。

・読んでてアホらしくなる。

出場資格があるかどうかなんて誰も心配してない。

怪我をちゃんと治して五輪に照準を合わせればよい。

問題はコンディションだけだ。

・シーズン前からそういう規定を設けてなかったか?

普通に羽生で間違いないと思うし、

誰も異論はないと思う。

確かに本人は嫌かもしれないけど、

むしろ怪我を押して全日本出るより

しっかり療養して万全でオリンピック出したらいいと思うけどな。

・酷すぎるタイトルに怒りを禁じ得ない。

世界一の実力と現世界選手権タイトルを持つ羽生選手が

オリンピックに選ばれなかったら、

それこそ日本の大損失で、

世界の笑いものになる。

万一、全日本を欠場して選出されたとしても、

既にあるルールに基づいて決めるもので、

どこが画作でどこが屈辱なのか。

女性自身は自国の最高のアスリートを

炎上商法のネタにする最低の雑誌。

・何が屈辱だよ。

前からあるルールで、去年だっけ?

世界選手権の代表選考でも適用されたんじゃなかった?

確かインフルエンザか何かでダウンして。

誰も文句なをんか言わないし、

屈辱でも何でもない。

無礼な記事に貶められる理由は何もありませんよ。

・五輪先行基準を100回読んでから記事書いてほしい。

・正直、世界ランキング1位で歴代最高点を何度も出している羽生選手を代表に選ばなかったら、

世界中のスケート連盟が日本の選考を疑うと思う。

また、羽生選手と宇野選手は、

他の日本代表選手の中でも頭一つ出ているので、

選ばれたとしても、誰も非難されないと思う。

(3枠目を選ぶのとは意味が違う)

ただ、試合勘が薄れてしまうので、

オリンピック前に試合に出られた方がいいと思うが、

一番は万全の健康状態でオリンピックに出るとだと思う。

女性自身さん、

もう少しオリンピック代表規定を熟読してから記事を書いて欲しい。

・ランキングと近い成績を見ても代表入りの資格は充分にある。

とにかく怪我を治して復帰してほしい。

メンタル削る記事を書かないで下さい。

・酷い記事。

ただ、オリンピックに間に合わないほどの怪我であれば、

代表入りは周りにとっても本人にとってもよくない

(靭帯は骨折より大変なことだって多い)。

逆にオリンピックに間に合うなら全日本で無理するべきではない

(完治して万全の調子で臨めるなら別だけど)。

協会こそ

「オリンピック本番に間に合うのであれば」

という但し書きをつけて、

とっとと内定を出してもいい事案。

もちろん羽生選手は思い出づくりでオリンピックに「出るだけ」を希望するような選手じゃないから、

本番に間に合わないならそれこそ辞退されるでしょう。

全日本強行→悪化となったら誰が責任とる?

協会はこういう時ぐらいちゃんと働いて選手を守れ!

記事は足を引っ張るな!

・>『五輪本番じゃなかったのが不幸中の幸い』

羽生ならそう言う。

ファンはどっしり構えているべき。

羽生にとって4Lzは自分が跳べるジャンプ。

怪我が治って、

恐怖心が消えたらまたいつか演目に入れる。

右足首の状態を悲観したり、

4Lzを入れる危険性を過度に心配するのはやめるべき。

それから羽生自身が、

週明けからトロントに戻り、

復帰に向けて前向きに始動するのだから、

ファンも平常運転で生産的な毎日を過ごすべき。

それが一番の「祈り」になる。

・仮に全日本に出場できなくても羽生選手は選考基準を満たしてるんだから堂々と選んでもらえるだろうし誰も文句なんて言わないでしょう。

羽生選手と似たようなレベルの選手が複数いるなら話は別ですが、

これだけ別次元の実績を持つ選手ですから。

確かに羽生選手本人はそれじゃ嫌かもしれませんが、

五輪代表になれるかどうかの心配なんていらないのだから、

全日本より五輪で勝つことを考えれば良いんです。

・この記事は見る人をバカにしてる。

選考基準に

「3人目は全日本関係なく世界ランキング、得点、実績で選ぶ」

って書いてあるでしょ。

そんなのフィギュア見る人なら知ってます。

フィギュアをあまり見ない人たちを騙して

羽生を嫌いにさせる捏造記事です。

・IOCが羽生君が怪我してNHK大会棄権になって直ぐにもし全日本欠場になっても平昌オリンピックには出られる!

又出て欲しい。

羽生君が平昌オリンピック全日本スキップしても羽生君を出すべき!

万が一、

全日本出場しなければ五輪出れない等と世間は黙ってないはずだとまで声明出してくれてるのにスケート連盟は勿体つけて何なの?

流石に腐った組織だね日本スケート連盟は!!

・羽生選手は逆境を乗り越え平昌オリンピックへたどり着きます!

不死鳥のように彼は甦ります。

今まさに甦ろうと力を溜めているところです。

メディアは変な煽り記事やネガティブな記事を掲載していないでその時まで静かに見守っていてほしいですね。

・今のフィギュア男子では羽生と宇野を越える選手はいません。

3枠の内、2枠は決まったも同然です。

無理して全日本に出るよりも、

しっかり治して五輪に出ることが正解だと思います。

宇野選手もGPシリーズやファイナル、

全日本と連戦で疲れを残した状態では五輪で力を発揮できないでしょう。

二人には万全の状態で五輪を迎えて欲しいので、

今回は二人に関しては全日本の結果での選考というルールから外してもいいと思います。

それくらいは、連盟には考えて欲しいです。

フィギュアを観ているファンは誰も文句はないと思います。

国を背負って戦う選手の事を一番に考えまもるのが連盟の仕事ですよ!

以上が引用でした。

ネガティブな記事に負けずに頑張って欲しいです。

YouTube動画はこちら↓