日馬富士暴行事件を巡って22日、

日本相撲協会役員室に呼び出され、

弟子の貴ノ岩への聴取協力を要請されたにも関わらず、

「お断りします」ときっぱり拒否した貴乃花親方(元横綱)。

八角理事長(元横綱・北勝海)率いる日本相撲協会と決裂した格好だが、

その真意は何なのか。

報道陣の取材に頑なに沈黙する貴乃花親方だが、

その有力後援者がこう代弁した。

「貴乃花親方、貴ノ岩は被害者なのに、

ここまで批判されるのは、

的外れだと思います。

ビール瓶か、手で殴ったのかは別にして、

実際に暴行があったのは事実じゃないですか。

天下の横綱日馬富士が後輩に暴行した事実はとても重いですよ。

今回、貴乃花親方が貴ノ岩にモンゴル力士の飲み会に行くのをOKしたのは、

貴ノ岩の母校、城北高校の関係者からの誘いがあり、

行かなきゃ失礼だと了承したのです。

だから白鵬、日馬富士だけでなくたくさんのモンゴル力士が集うということは想定していなかった。

そりゃ、

城北高校OBの逸ノ城や照ノ富士ぐらいが来るのだろうと思っていたようだ」

この後援者によると、

貴乃花親方が日馬富士の暴行を知ったのは、

10月26日午前だったという。

そして貴乃花親方がすぐ伊勢ケ浜親方に連絡を取ったところ、

日馬富士は殴った事実関係を認め、謝罪があったという。

「伊勢ケ浜親方から穏便に示談で和解できないか、

という趣旨の話を持ちかけられたそうです。

だが、貴ノ岩の頭は切れて、流血していた。

貴乃花親方は伊勢ケ浜親方が暴行を軽く見ているように感じたそうで、

弁護士らと相談する一方、

他の同席した関係者にも事情を聞いた上で、

貴ノ岩を帯同して鳥取まで出向き、

被害届を出したそうです。

貴乃花親方は当初、

九州場所がはじまるまでに相撲協会が伊勢ケ浜親方、
日馬富士から事実関係を調査し、

何らかの処分を公表してくれると願っていた。

しかし、

伊勢ケ浜親方からはその後、

アプローチもなく九州場所に日馬富士は何事もなかったように出場していた。

『こちらがやられているのに、

何も言ってこない』

と貴乃花親方はかなり不満だったようだ」

日本相撲協会は14日、

暴行が発覚した日馬富士の九州場所休場について頑なに

「左腕の負傷によるもので、

問題を受けての謹慎ではない。

あくまで診断書が出ての休場であり、

罰ではない」

などと説明した。

「例えば、日馬富士が記者会見を開き、

謝罪し、九州場所は自ら謹慎して休場していれば、

被害届を下げたはず。

貴乃花親方は当初、

『ことを大きくはしたくない』

などと言っていましたから。

このままだと暴行事件がうやむやにやり、

相撲協会にもみ消されてしまうと危機感を募らせたようです」

相撲協会は過去にも時津風親方や朝青龍の暴行事件などを隠ぺいしようとし、

問題となったこともあった。

「貴乃花親方は常々

『相撲協会は閉鎖的で昔のまま、

変わっていない。

もっとオープンにしないと時代から取り残され、

相撲は国技として存続できなくなる』

と言い、

今回の事件もきちんと発表すべきと考えていた。

おまけに、八角理事長とは関係がよくない。

巡業部長というのは、

1年の半分は巡業とその打ち合わせで地方回り。

貴乃花親方に近いある親方は

『貴乃花が目障りなので、

東京から遠ざけようと八角理事長らが事業部長に左遷した』

と八角理事長を批判していた。

理事らがマスコミに、

貴乃花親方の対応をすごく批判的にリークしているのにもカチンときて、

ますます頑なになっていると思います。

『出るところに出て、徹底してやるしかない』

と貴乃花親方は覚悟を決めているようです。

簡単には和解できないと思う」
(相撲協会関係者)

ある親方は匿名を条件にこう相撲協会の内情を明かす。

「相撲協会、伊勢ケ浜親方、日馬富士は殴ったことは事実なのだからとにかく、

貴乃花親方と貴ノ岩に謝り、

早く和解すべき。

せっかくの相撲人気に水を差し、

ファンが離れてしまう。

また閉鎖的な相撲協会とレッテルを張られ、

ダメージは測りしれない。

貴乃花親方が頑ななのは、

協会への不満があるからでしょう。

日馬富士は当然、引退か、出場停止の処分が下されないといけない。

伊勢ケ浜親方や協会幹部も処分対象ですよ。

そうした処分の中身や今後について方向性を協会は示した上で、

貴乃花親方と交渉しないと難しいでしょう。

貴乃花親方だって拳を振り上げた以上、

軽々しく協会との話に応じたら、

メンツ丸つぶれです。

それと暴行がこれだけの大騒動になったのは、

協会がモンゴル力士を管理できない裏返しでもある。

協会の幹部は責任を取りたくないものだから、

何も動こうとせず、

影で貴乃花親方の悪口ばかり言っている。

協会はごまかそうとか、

保身を考えるのではなく、

ファンあっての相撲ということを肝に銘じて、

早く沈静化させるべきです」

迷走する一方の暴行事件の解明だが、

果たしてどんな決着となるのか。

世間の反応を一部ご紹介致します。

・初めて共感できる記事だと思った。

貴乃花の対応が必ずしも正しくはないのはわかるが、

被害者側に対する非難記事が多いのはすごい違和感があった。

・無責任なマスコミ報道の中で、

この記事が最も府に落ちた。

貴乃花の頑なな性格が裏目に出た面はあるが、

協会の対応を信頼出来なくなった貴乃花はこのやり方しかなかったのだろう。

・協会の隠ぺい体質が最大の問題。

・暴行をなかった事にして今場所日馬富士を出場させた協会関係者も処分対象。

・相撲協会が時津風部屋の事件の反省を全くしてないことは分かった

・貴乃花親方の意志は強いね。

逆に、理事長八角親方は弱々しい。

あの白鵬といい、モンゴル力士たちも

やりたい放題だからね。

・真実は警察が明らかにしてくれるものと信じていますが、

この記事の内容は事実に近いのではないかと思いました。

しっくりくる。

・この内容が正しければ問題が発覚した時に

伊勢の浜親方が自分の部屋の横綱が暴力行為を起こしてしまったと

相撲協会に申し出ていればここまでこじれた状態にはならなかった。

と指摘した通り昔の相撲協会の体質が抜け切れていないから

「示談で」という言葉が飛び出してくる。

落ち着いた時点で相撲協会の役員の入れ替えも含めて

もっと人格の高いもので構成しなければ立ち直れないだろう。

・貴乃花親方擁護側からの証言ということを割り引いても、ほぼ同意。

この話を事実に近いと考えた方が自然な流れなんだよね。

この話を前提して考えると、

伊勢ケ浜親方の責任が大きいのがはっきりする。

協会が警察から事件の連絡を受けた直後の、

伊勢ケ浜、貴乃花、両親方は、

ともに”分からない”と答えている。

伊勢ケ浜親方の場合は、

明らかにしらばっくれているのに対し、

貴乃花親方の場合は、

まだ少しは伊勢ケ浜親方に対して

”自分から話してくれるのでは”という期待感が見て取れる。

協会の威光が強くて、

貴乃花親方ばかり悪く報じられ、

伊勢ケ浜親方についてあまり報じられないのはおかしいと思う。

・日馬富士:暴力行為のため解雇(廃業)

貴ノ岩:被害者のため不問

上記の事件とは別で

貴乃花親方:巡業部長としての職務放棄のため、降格

喧嘩ならけんか両成敗で両方の意見を聞く必要があるが、

今回は一方的な暴力だから、

被害者の話を聞かなくても処分できるでしょ。

日馬富士を守ろうとしているかわからんけど、

貴ノ岩にも非があるような報道はいらないでしょ。

・モンゴル人力士会は先輩が後輩に100万円単位で小遣いをやるなど関係性が深いという。

小遣いをもらった後輩が場所中に遠慮して本気で取り組みに望まないとしたらそれは八百長ではないのか?

貴ノ岩はモンゴル人力士会に入っておらず、

ガチンコで初場所で白鵬に勝った。

今回の事件の飲み会はもともとモンゴル人力士会ではないということで貴ノ岩を呼び出し、

その場でモンゴル人力士会によるイジメ、

リンチが行われたと考える方が自然である。

・なんか、貴乃花バッシングに傾いていて変な風潮だと思っていた。

ほかの人もいっているが、

この記事が1番腑に落ちる。

力士が土俵以外で拳を奮ったという事実を、

加害者と相撲協会がかろんじてると思う。

特に相撲協会は隠蔽の前科があるのに!

・ビール瓶の事はよくわからんが殴ったのは事実。

協会の隠蔽体質を改善するには貴乃花の対応はあり。

なぜ貴乃花が悪者になるのかわからん。

マスコミ得意の偏向報道ですか?

・今回の暴行事件について、

白鵬は旭鷲山に「かわいがりです。」と説明したそうですね。

よその部屋の関取を、時間外に集団でいじめ、

暴行しておいて、「かわいがり」とは、

全くけしからん話です。

白鵬こそ、引退すべきです。

・伊勢ケ浜親方への批判がひとつもないマスコミに違和感。

貴乃花親方をしゃべらせたいのなら、

加害者側の伊勢ケ浜親方から話すべきだと思う。

・まるで何事もなかった様に出場する日馬富士、

そしてそうさせた相撲協会に貴乃花親方が不信感を抱かない訳がない。

記事の通り、

もし日馬富士が記者会見をして今場所を休場していれば貴乃花親方も被害届を取り下げたと思う。

・まともな意見を持っている人もいると分かって安心しました。

相撲評議員会の議長の発言のひどさには、

びっくりさせられました。

あんな訳のわからぬおばあさんがトップであることにも驚きました。

それでは八百長や暴力が繰り返されるのではないかと思います。

・貴乃花は、あまり好きではありませんが、

今回のバッシングに関しては、

普通のことをやっているのに、

なぜ、ここまで言われなくちゃならないのかと思っていました。

もう、協会は、相当感覚がズレていて、

ズレている自覚もないので、

貴乃花は、信用していないから、

ここまで、頑ななんだろうと思っていたら、

案の定、そうでしたね。

協会は、貴乃花を、

「連絡してこない、連絡してこない」

と責めるばかりでなく、

何で、自分たちそこまで信用されていないのか、

よくよく肝に銘じて改めないと、

また、先細りになって国技だと言いつつ、

絶滅してしまうかも知れません。

風当りが風当りなので、

相撲関係者は一般社会とは、

ズレた感覚の人たちの集まりと思っていたのですが、

今回の記事で割と普通の感覚を持っている親方もいるのだと逆に安心しました。

そういう人たちが多数派でないのは残念なことです。

・事実はまだよくわかりませんが、

相変わらずの隠蔽体質が起こした問題なんでしょうね。

相撲界はあれだけ不祥事を連発しているのに、

まったく変わってないんだなあ。

・ここまで来ると相撲協会のでる幕ではない。

傷害事件として警察に任せるべきだと思う。

あくまで貴乃花親方側は被害者。

どんな理由があっても批判の対象になるのはおかしい。

・こういう内容の記事が読みたかった。

煽るのを目的にしてる最近のマスコミとは違い、

信頼性が感じられる。

YouTube動画はこちら↓