回らないからパチンコは勝てないんです。

回らない台を打てば打つほど、負ける額は増えていきます。

 

「そんなの信じられない」って人に読んでもらいたい。

「そんなこと分かってる」って人にも読んでもらいたい。

最近、4パチにて1000円で25回転(1パチなら1000円100回転)とか打てていますか?

というより1000円25回転とか打ったことありますか?

ボーダーライン+8とかだったら、

長時間打てばある程度は安定して勝てるんです。

当たりやすい確率の台で回る台ならもっと安定して勝てます。

僕は遊パチの海物語のヘソ釘が折れている台に座り、

1000円28回転で回している途中400ハマりもありましたが、

爆連は無かったにもかかわらず4時間で23000円勝ちしたこともあります。

ゲームセンターのような釘に出会えれば、

ホールだったら勝てるんです…!

みなさんは、いつも1000円14回転くらいだったりしませんか?

スペックや遠隔うんぬん以前に、

これじゃ絶対に勝てません。

仮にボーダーライン程度(1000円18回程度)の台を見つけたとして、

電サポ中に玉を削られてしまえばボーダーラインより下回ってしまい、

勝てない原因となってしまいます。

玉を削られた分、連チャンすればOKなんですが、

毎回そううまくはいきません。

「マイホ」と呼ぶお気に入りのホールの釘調整に慣れてしまい、

「他のホール探したって回る台なんかないだろ」

と諦めてしまうのも負ける理由の1つです。

勝てないのが続くと、

「パチンコ屋は遠隔だ」

という風潮に流されてしまい、

「操作されているなら釘は関係ない」

と言って釘を見るのを諦めてしまうのです。

ここまで至ってしまうと、

勝ちへの道のりはすごく遠くなってしまいます。

でも、まぁ…1000円25回転の釘とか、

今のホール状況では全国探しても見つからないんですけどね。

国民のパチンコ離れが深刻になるとホールは釘を締めざるをえない、

理由は簡単、

お客さんに勝たせてあげられる程の余裕がないからです。

さらに追求すると、2016年5月に、

京都のホールが甘釘にしてつかまってしまったため、

そんな事例があると全国のホールはビビってしまい、

釘を開けることができなくなりますよね。

つーか本来はもともと、

釘をいじるのNGなんですが。

そんな訳で、

お客さんにとってもホールにとっても、

釘が一番大事なわけですが…。

まぁ置いといて。

「新台だから」って理由で打っていませんか?

「好きな台だから」って理由で打っていませんか?

台に座った理由がそんな感じだと負けフラグが立ち、

負けルートへ直行します。

パチンコ・スロットユーザの大半は負けている。

そうでなければパチンコ店は商売あがったりです。

だから負け組であることは恥ずかしいことではありません。

そして、パチンコもスロットも、

勝てないのには明確な理由があります。

パチンコで言えば、

釘が悪いからということになります。

新台も準新台もメイン機種も古い機種も釘が悪い、

それが勝てない理由です。

今のパチンコのスペックも勝てない理由

もうひとつ理由を挙げるならば、

パチンコ機種の出玉性能ですかね。

スペックと言いますか…。

あまりに安定性がなく、

得られる出玉の見通しすらつかず、

勝てない理由のひとつになっています。

回らない台+安定しない出玉=勝ち続けたら奇跡

1円パチンコなんてもっと勝てない

1パチとか低玉貸しなんて、

基本的に4円パチンコ以上に勝てない明確な理由もあります。

換金時に安いからではありません。

もっともっと、

営業面での根深い根本的な理由です。

1円パチンコは、

ユーザのパチンコ離れを食い止めるために生まれたレートです。

ホールからすれば本当は4円パチンコ一本で営業したい。

儲かるからです。

しかし、どんどん客が減っていって、

仕方なくホールは1円パチンコを導入したわけです。

言ってみれば、

4円パチンコの客が減らなければ必要なかった1円パチンコ。

そして、少しでも売上をあげたいから導入したのが1円パチンコなんです。

「お客さんがいなくなるよりは・空き台だらけのムダなスペースにしておくよりは、

1000円でも使ってもらう方が賢明」

という考えなんです。

早い話が、4円の売上を補うための1円パチンコです。

そんな1円パチンコにホールが優秀台を用意することは…

非常にマレです。

基本的に負ける釘調整ばかりです。

「1円パチンコは4円パチンコと比べて4倍遊べる」

のは勘違いです。

「1円パチンコは4円パチンコと比べて4倍の量の貸し玉を発射できる」

だけです。

4円パチンコよりも通常時の出玉率は低いのが普通です。

そういう釘調整なんです。

4円より回りません。

つまり4円より勝てません。

パチンコで負けない方法

パチンコで負けないためには、

勝つしかありませんよね。

もちろん

「パチンコをやめることが負けない方法」

などと言うつもりはありません。

さんざん引っ張っておいて

「パチンコやめれば負けない」

なんて言うサイトさんもあるんですよ。

これはさすがに訪問者をコケにしすぎですよね。

僕は元パチンコ店員です。

しかし、

パチンコ店やパチンコメーカーの擁護なんてしません。

むしろ、今のパチンコ屋はひたすら回収しすぎだと思っています。

僕は怒っています。

とにかく釘調整がひどい。

一応、僕の年間収支はプラス数万~数十万程度です。

少ねぇっ!!

元パチンコ店員の意地にかけて、

少額だけど勝ち組です。

そして、正攻法の立ち回りとして、

釘(と朝一ランプ)だけを見つめてきました。

そして気づきました。

こんな回らないんじゃ、

ろくな時給にならない。

時間のムダ。

負けるリスクも怖い。

僕は僕の地域のパチンコ屋の釘の悪さに嫌気がさし、

一旦パチンコやめました。

だから、惜しげなく説明することができます。

「店が当たりを操作しているから釘は関係ない」

「島単位で当たりが発生するプログラムがあるから釘は関係ない」

「今あそこが当たったから今度はこの台が当たるかな」

という立ち回りをする人もいるでしょう。

まぁ、個人の自由ですが、

それならば出そうな台を見極めつつ、

回る台を打つという方法をとるべきです。

形のない・確証の「ない」ものだけを「ある」と信じて立ち回るのはキケンです。

データや出玉状況を把握するのと同時に、

目で見ることができる釘も一緒に見ましょう。

これが、パチンコで負けない方法=勝つための方法です。

そして、マイナーなパチンコ雑誌ではなく、

王道のパチンコ雑誌やネットを巡って、

勝てるボーダーライン(1000円スタート回転数)を覚えましょう。

ボーダーラインを意識して打っていれば、気づきます。

この釘で勝てるわけがない。

だから、もっと釘の良い台を探しましょう。

ないかもしれないけどw

しかも実際、ホールコンは関係ありません。

あれは、ホールから収集したデータを表示するだけのコンピュータです。

ホールコンのないパチンコ店を探すほうが大変です。

決してホールの当たりをコントロールするものではありません。

回らない台は勝てない

パチンコ・スロットで年間で勝てる人は、

間違いなく回る台や高設定台を好みます。

そして打てる台がないときは、

潜伏確変を狙ったり、

天井付近の台を探したりというハイエナ行為をしています。

ホールからプレゼントされる当たりなど期待していません。

そもそも、プレゼントなんてされないからです。

勝てないのは誰が悪いのか?

回らない台を打つお客さんが悪い。

しかし商売とはいえ、

回らない台しか用意しないパチンコ屋だって悪いよね。

パチンコが勝てない理由は、

パチンコ屋の釘が悪いから。

回らない台を打っているから。

このことを頭の片隅に置いておいてほしいです。

それが、僕がこの記事を書いた理由。

あなたがここにいる理由。

信じて。

YouTube動画はこちら↓