デビューしたときから引退の事も考えていたというのは少し驚いたけど、

スッキリした顔で引退後の未来が楽しみだと言った

安室さんは迷いとかないんだろうと思った。

以下引用です。

安室奈美恵が引退について語ったNHKの特別番組『安室奈美恵「告白」』が11月23日夜、

放送され、反響を呼んでいる。

番組は、

<平成のヒロイン>

<新しい自分>

<引退>という3章仕立てで、

NHKの秘蔵映像を振り返りながら、

「辛いこととか大変なこともあったけれども、

幸せな25年間、

歌手として素晴らしい出会いもして素晴らしい経験もさせてもらった25年間だったんじゃないかなって思います」

と、25年の歌手人生を語った。

作家でアイドル評論家の中森明夫さんは、

真っ白なセットの中、

真っ白な服に身を包み語る安室について、

「美しかったですね」と語った。

「表情も素晴らしく、

こんなに綺麗だったかなと。

これで引退しちゃうのかと思わせるインパクトがまずありました」

インタビューに答える姿勢にも注目する。

「記者会見のような公式に語るようなものではなく、

自分の言葉で、

しかもその言葉に躊躇がないことで、

胸に響くものがありました。

自分の考えをどう伝えるのかというメッセージ性がこれだけはっきりしているのはすごいと感じました」

芸能評論家の三杉武さんは、

「安室さんがあそこまでざっくばらんに語るということ自体が珍しい」

と、番組を振り返る。

「番組でもトークが苦手でコンサートでのMCをやらなくなったとありました。

言葉よりも表現で語る方です。

インタビュアーの方に

『真面目』

と言われていましたが、

そんな彼女が、あそこまで語るというのは、

ストイックなプロ意識の現れであると同時に、

ファンに対する気持ちという意味があるのかなと感じました」

三杉さんが印象的だったというのは、

20周年を迎えた2012年、

一度引退を考えたが、

「(誰かに)相談できないということが、

一番の大きな悩みでもあって」

と語る場面だ。

「23歳の時に、

ずっとプロデュースしてくれていた小室哲哉さんの元を離れ、

自分で考えるようになった。

相談できる人もいないというのは、

周囲に対する感謝はありながら、

その周囲のことを考えていたのかなという気もします」

中森さんも、

同じく小室の元を離れ、

自分で決めていく部分に注目した。

「15歳の少女が、

小室哲哉という大プロデューサーに出会い、

大スターになり、

やがて全部自分でやっていくようになっていった。

一人の女性の自立の物語だったんだなと感じました」

番組終盤、安室は

「この先の人生のほうが、

もっと楽しいことが待ってるし、

もっともっと長いので、

新しい発見とか、

新しい興味とか、

その間に見つけた、

やってみたいなって思うものがあったら、

今度はそこに情熱を注いでみるとか」

と引退後について語った。

来年には成人する長男はすでに親離れしつつあり、

「私の方が子離れができてないので、

(長男が)“うぜーよ”みたいな毎日、どうしようか」

と母の顔も見せた。

「前向きな引退で、

『楽しい人生が待っているんじゃないかな』

とおっしゃっていたので、

本人的にはやりきって、

新たなスタートだということなんでしょうね」

(三杉さん)

番組最後に流れた新曲「Finally」。

その歌詞にも、

今の安室奈美恵の思いが込められている。

<願い続けた日が

ついに今スタートを切ったの>

<光差し込む道の世界へ

両手広げて全て受け止めるから>

2018年9月16日は、

安室奈美恵が新たなスタートを切る日になる。

(本誌・太田サトル)

世間の反応を一部ご紹介致します。

・すごく気にしぃな性格なんだなーと思った。

2000年代に入って、以前のように売れなくなってから、

毎日もがき続け

「あぁ何でダメなんだろう」

って誰にも相談できずに一人で落ち込んでたって聞いて

胸が締め付けられる思いがしたわ。

それでも子供のため、

自分の決めた夢(大きな会場で引退コンサート)のために歯を食いしばったってのが泣けるわ。

こんなに成功収めても、

悩んだり苦しんだりって感覚が普通の人と同じで、

謙虚さも失わない。

本当に素敵な人だなと思う。

・引退後の人生を楽しく送って欲しい。

・番組で、一時落ち目になった頃、

実際本人自体も気付いててあがいてたんだー。

って思った。

ファンに受け入れてもらう事に気を使いすぎなぐらいの人だったんだなと思った。

これ以上はそんなキツイ仕事の仕方を続けて行ったら寿命が縮む。

いいとこで引退を決めたと思う。

・ファンでも無いのに最後まで観てしまった。

いい番組だった。

紅白なんかに引っぱり出さなくても、

これでもういいじゃないか。

・トークが苦手って言ってるけど、どうだろ。

昔から彼女の喋りには、知性を感じる。

控えめさ、常識、慎重さ、ユーモアのセンス…。

久しぶりに観た今回のトークでもそれらは健在で、

好ましい人柄が滲み出ていて、

食い入るように観てしまった。

・表情が穏やかで、

大人の女性になったんだなぁと感じた。

本当に美しかった。

引退って聞いたときは物凄くびっくりしたけど、

あのにこやかな表情が新しいステージに向かうんだなって感じさせた。

・めちゃくちゃ可愛かったし、

芯がしっかりしてて自分の意見をちゃんと持ってて凄く共感した。

・結婚、出産、離婚、親が亡くなる等、

年齢重ねて経験することを20代で一気に経験した人なんだなぁ・・・と思った。

来年40歳で子供も20歳まできたらのんびりしたいカモね

・テレビの露出を抑えたのは結果的に成功だったな。

・中森明夫ってすごい名前だな。

・インタビュアーの女性の、

控えめで丁寧な対応も良かった。

安室ちゃんの清々しい笑顔がとても素敵でした。

・受け答えも大人だし、

内面から出る綺麗さにびっくりした。

心底もったいないと思うが、

昨日のインタビューを聞いてまた応援したくなった。

・見て思ったのは、

NHKに対する感謝の気持ちで特番に出演されたんだと思う。

だから紅白はもうでない。

あの1時間は、

紅白に出場するより充分満足な時間でした。

ライブ楽しみにしてます。

とりあえず、、当たりますよーに。

・60代のおじさんの弁

一時代を築いた寡黙?な歌手の引退の告白が

どんなものか興味をもったので録画で視聴したが、

イヤーなかなか良かったね。

ホントに真面目にまっすぐに走ってきた女性の輝きをみせてもらって、

すがすがしかったね。

インタビューアーも的確な質問で、

多分安室さんが話しやすい方を選んだんだね。

人選が良かったね。

演出も非常にわかりやすく、

NHKではなく?安室さんをよく理解している外部プロダクションが

担当したのも良かったのだろうね。

引退後、彼女がどのように生きていくか楽しみだね。

・見いってしまった。

引退はずっと考えていたことだったんだね。

安室ちゃんの中で、

finalをちゃんと考えて今も動いてる。

引退と分かった途端に、

テレビに出ろと言うのは酷だよ。

特に紅白。

来年は70万動員のfinalツアーがあるんだから、

しつこく出演をお願いするのは止めたらいいのに。

・誠実さ、気持ちって画面通してでも分かるんだなって思いました

TVは苦手な筈なのに、

引退を悲しむファンの為に語ってくれたのかなって思った

引退の第一報もファンクラブメールだった

これからも引退まで全力で応援します

YouTube動画はこちら↓