ついに貴乃花親方が事件について語りました。

この問題に関しては
ハッキリさせてほしいです。

大相撲の横綱・日馬富士が貴ノ岩に暴行した事件で、

沈黙を守っていた師匠の貴乃花親方が、

千秋楽後、部屋の支援者に対して初めて口を開き、

「正当に裁きをしていただきたい」と述べた。

貴乃花親方「貴ノ岩の容体は、普通に転んだり、

普通に殴られたりでできる傷ではありません。

それを私が、最初隠していた本人から傷口をみて、

早期に行動を起こしたというまでです。

現状は警察の鳥取の鳥取警察署にご相談をして、

そこからすぐに県警へあがったという次第です。

正当に裁きをしていただかなきゃいけないというのが、

これが巡業部長の責任であります」

これは貴乃花親方が、

千秋楽後のパーティーの席上、

支援者たちに対して話したもの。

貴乃花親方は、冒頭、

「ご迷惑をおかけして申し訳ない」

とわびた上で、貴ノ岩の傷は

「普通にできる傷ではない」と述べた。

そして、巡業部長の責任として、

どの部屋の力士がそうなったとしても警察に相談しただろうと述べ、

「正当に裁きをしていただかなければいけない」

と強調した。

この後、貴乃花親方は深夜、

北九州空港から東京に戻った。

日本相撲協会・八角理事長「横綱・日馬富士の問題により、

みなさまには多大なるご心配、

ご迷惑をおかけしたことを心よりおわびいたします。

1日も早い解決をいたしますよう、

努力してまいります」

一方、千秋楽の取組前、

このように観客に謝罪した日本相撲協会の八角理事長も、

27日夕方に開かれる横綱審議委員会に出席するため、東京に戻った。

委員会では日馬富士の進退問題が話し合われる予定だが、

被害者の貴ノ岩からの聞き取りができていないことから、

結論は出せない見通し。

世間の反応を一部ご紹介致します。

・昨日の横綱白鵬の優勝パフォーマンス(万歳三唱)とマイクパフォーマンス
(日馬富士と貴ノ岩を土俵にあげたい)を見て、

貴乃花親方の言っていたことがよくわかった

日本の相撲界は危機的状況にある

傍若無人なモンゴル人力士に対して

日本相撲協会は何もできていない

そのせいで相撲がプロレスに変質していってる

由々しき問題だ

・貴乃花親方も貴ノ岩も全て警察に任せて

正当な裁きを受けさせるのが一番良いと思います。

貴乃花親方は最初から協会ではそれができないと思って、

警察に捜査を願い出たんじゃないか!?

案の定、協会の動きはどう見ても隠蔽とか、

口裏合わせに走っているんじゃないかと思われ、

正当な裁きは受けさせられそうにない!

・貴乃花の言うように必要なのは「正当な裁き」であって、

八角理事長の言う「一日も早い解決」ではない。

理事長は、謝罪しておきながら、

早く軽い処分でやり過ごしたい

という気持ちが見え見えで、

本当の反省が感じられない。

・師匠として、

親代りとして真っ当な事だと思います。

貴乃花見る目が変わった。

素直に応援したい。

・至極真っ当な意見です。

傷害事件ですから警察に任せて正当な裁きを受けるべきです。

・殴られた貴乃岩に非があったかもしれない

しかし、

日馬富士が暴行したというのが問題の本質

貴乃花親方は

「これは事件であり警察に任せるのが筋」

「相撲協会は警察の結論を基に動くべき」

「相撲協会ではうやむやにされてしまう可能性がある」

「だから相撲協会には話さない」

ということだろう

自分は貴乃花親方を支持する

・日馬富士が暴行したかどうかが問題で

「何故殴ったか」とか

「殴られた貴乃岩に非があったか」

は二の次の話

県警が調査するならそれに委ねるというのは当然なこと

暴行傷害が事実なら廃業はやむなしで

だからこそ協会は県警の捜査が進む前に

「穏便に」済ませたかったはず

もうここまでくると日馬の廃業は

避けられないが焦点は同席した他の横綱が共犯と見られるか

あくまで日馬の単独犯とされるかに移ってるな

・とりあえず、

公益財団法人格は返上して、

理事長以下も一律辞任して、

事件に関与したモンゴル人横綱陣は皆解雇して、

来年の初場所は、自粛もしくは技能審査場所として

無観客・無放送であるべきだと断じます

・貴乃花親方の趣旨は相撲協会の確執を問うのは分かる。

・NHKだって相撲の問題は隠したいんだし、

相撲協会は腐ってるし、

何から何まで古いしきたりとしがらみだらけ。

真実なんて出てくる訳がない。

・10針って結構な大きさだよね。。

協会は軽く考え過ぎてる

以上が引用でした。

横綱・日馬富士が平幕の貴ノ岩に暴行した事件で、

相撲界が揺れている。

いち早く警察に被害届を提出して刑事立件の可能性を選んだ貴ノ岩の貴乃花親方の行動を疑問視、

あるいは非難するような論調も多く見受けられる。

また、ビール瓶による殴打の有無、

貴ノ岩の症状の評価についても情報が錯綜している。
しかし、この問題の根本は単純に考えたほうがいい。

つまり、暴力の有無と、

角界最高権威である横綱の尊厳だ。

日本相撲協会内での理事長選挙との関連など、

派閥争い的な見方を絡ませると問題の本質が見えなくなってしまう。

基本的に、貴乃花親方の対応は正しかった。

真相は藪の中だが、

わかっていることで十分だ

当初、
殴打がビール瓶で行われたと報道され、

大いに驚かされた。

未確認報道のなかには、

日馬富士が激昂してアイスピックを手にして、

それは制止されたというものまであった。

ビール瓶の使用については、

白鵬が

「それはなかった」

と証言しているが、

警察が居合わせた全員から聴取を進めているというので、

早晩明らかになるだろう。
日馬富士自身は、

とりあえず殴打を認めている。

この事件で重要なことはただひとつ、

「横綱という角界最高位にある者が暴力事件を起こした」

ということなのだ。

これだけで、日馬富士は引退に値する。

以前に横綱・朝青龍が暴力事件を起こし引退したのと同じ構図だからだ。
事件後、貴ノ岩が日馬富士に謝罪したとか、

2人が和解の挨拶をしたなどといわれているが、

それは瑣末なことであり、

あるいはうわべのことと理解すべきだろう。

被害届提出による刑事告発という、

法治国家に暮らす国民として公式な手続きを踏んだことが、

被害者側の正式な対応として受け止められるべきだ。
被害を受けた後に貴ノ岩が巡業に参加していたこと、

通常どおり日常生活を送っていたことが指摘されているが、

診断書が異なる医師から2通も提出されていることは絶対的だ。

診断の日時がずれているので所見が異なるところもあるが、

傷害の存在については共通している。
交通事故の場合でも、

直後無理して行動していた被害者が、

やがて自覚症状が強まり動けなくなったという経過は珍しくない。

傷害によって休場を余儀なくされたばかりか、

入院したという状況を素直に受け止めるべきだ。

そして、それは重大なことだ。

殴られたら、
まず警察へ行く

事件を受けて、

貴乃花親方が警察に被害届を出したことに批判的な論調がある。

東京相撲記者クラブ会友の杉山邦博氏は、

16日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)で、

次のように指摘した。

「貴乃花さんは巡業全体を掌握すべき立場です。

その過程で起きた出来事ですね。

警察に被害届を出した事実がある以上、

重役として協会トップはじめ、

親方や理事らに相談や報告するなり、

話を通していないとおかしいんです」
確かに警察への届け出の後に速やかに協会に報告しなかった、

というのは謗りを受けざるを得ないかもしれない。

しかし、一部に

「まず協会に届け出るべきだった」

という論調があるのは首肯できない。

暴力沙汰は犯罪なのだから、

まず司法に駆け込む、

というのが市民の取るべき第一行動だ。

実の両親を亡くし日本という外国で精進してきた貴ノ岩にとって、

貴乃花親方夫妻は両親同然、

親方にとっては子同然として貴ノ岩を大事に育ててきた。

子供が入院するほど殴打されたら、

まず警察に行く、

というのがあるべき対応ではないか。
法的事象は所属組織の規範に優先するのだが、

所属する組織や会社に相談すると、

外聞などを気にしていろいろな思惑でもみ消されるリスクがある。

近年重視される内部告発も、

第三者的な受け皿が必要とされるゆえんだ。
貴乃花親方が速やかに相撲協会に届け出なかったこと、

そして相撲協会からの初の聴取では

「よくわからない」

と答えたことが議論を呼んでいる。

もちろん「よくわからない」はずはなく、

診断書を持って警察に被害届を出したのは貴乃花親方だし、

その際に事件の概要を説明したはずだ。
つまり、

相撲協会に対して「わからない」としたのは、

相撲協会に対する貴乃花親方の不信の表明と取るべきなのだ。

協会に話してもうやむやにされてしまうとか、

被害届の取り下げの圧力がかかるため、

協会チャネルではなく警察に任せてしっかり立件されるのを待とう、

という判断だったのではないか。
こうした貴乃花親方の行動を、

1月に行われる相撲協会理事長選挙に向けた動きとしてとらえる見方には、

私は与することができない。

ましてや、

巡業部長である貴乃花親方を次の巡業に帯同させないという動きが相撲協会にあるなど、

暴行被害者側に対する不当な圧力、

人権侵害となると強く警告したい。

異なる部屋の力士同士の飲み会は問題だ

事件を普通の会社での出来事と置き換えてみる。

平取締役(貴乃花親方)の子(貴ノ岩)が他の部の部長(日馬富士)に暴行されて入院に至った。

入院する前に十数針縫う重症だったので、

平取締役はあまりのことだと警察に被害届を出した。

事前に社長(八角相撲協会理事長)に報告しなかったと非難されたが、

社長は知ったなら、

「双方の話を聞こう」

「独自調査をしよう」

「何より警察沙汰にはしたくない」

と動くのではないか。

社長の覚えが悪くなるかもしれないが、

うやむやにだけはしたくない――。

そういうことだったのだ。
そして捜査は司直の手に委ねられたのだから、

内部調査は非公式なことになる。

警察の調査結果を待つのが正しい。

詳細が警察によって明らかにされる前に、

つまり立件される前に、

加害者の日馬富士は引退させてしまうべきだ。

会社なら、わかっている事実だけで懲戒解雇とすべき事案である。

引退させることで、

横綱の逮捕という不祥事
(これこそが相撲道にとってあるまじき不祥事となる)

を避けられる。

相撲協会の早急な英断が望まれる。
事件はモンゴル力士会が巡業先で開いた親睦会で起こったという。

白鵬が貴ノ岩の生活態度について注意しているときに、

貴ノ岩のスマホが鳴り操作したので日馬富士が激昂したというのである。

貴ノ岩は平素はこの集まりからは距離を置いていたという。
相撲という格闘競技で、

そもそもこんな集まりがあるのがおかしい。

確かに日本という異国に来てがんばっている同士が交流し合いたいのはわかる。

しかし、大相撲は部屋別総当たり制で、

基本的に他の部屋の力士とは敵同士だ。
それが和気藹々と呉越同舟してしまったら、

それこそ八百長の温床といわれかねない。

事件を起こしたときに白鵬と日馬富士が発揮して醸成しようとしたのは、

貴ノ岩に対する上位関係である。

そんな人間関係が強まれば、

勝負の世界で影響しないことはないだろう。

特定の人間関係を断ち切った上で純粋に強弱を競い合うことを目指しているのが貴乃花親方であり、

その指導を受けてモンゴル人力士会から距離を置いてきた貴ノ岩が正しい。
繰り返しになるが、

貴乃花親方の選択を相撲協会内の派閥争いや次期理事長選と結びつけて貶めようとしている論調は間違っている。

単純に告発されるべきは日馬富士と、

いたずらに彼の処分を行わないでいる相撲協会のほうである。

YouTube動画はこちら↓