横綱・日馬富士が貴ノ岩に暴行をした事件で、

日本相撲協会の諮問機関である横綱審議委員会(横審)は処分の結論を出しませんでした。

報道記事によると、

11月27日に横綱審議委員会で処分の議論が行われ、

何らかの処分が必要との認識で一致したとのことです。

ただ、現役の横綱ということもあって、

具体的な処分内容は先送りの形になっています。

今回の事件を巡っては日本相撲協会の幹部らが

「何で先に警察に通報した」などと主張しており、

暴行を受けた被害者であるはずの貴ノ岩側に対して、

強い不満を漏らしていました。

協会側としては横綱の評判が落ちることで相撲業界に打撃となることを懸念しているようですが、

だからと言って、

隠蔽のような行為を推奨しているのは大問題だと言えるでしょう。

ネット上でも相撲業界の対応に疑問や怒りの声が相次ぎ、

被害者を批判的に取り上げている一部のメディア報道にも反発が強まっているところです。

貴乃花親方の本心。

私は巡業部長として、

相撲協会の理事であります。

そして、巡業部長というのは、

各部屋から250名の相撲協会員を預かる総責任者でもあります。

今回の件に関しましては

「たまたま貴乃岩がその傷を負ってしまった」

と簡単に言えないことですが、

そう皆様にご理解いただいたとしましたら、

他の部屋の力士、巡業参加の力士がその傷を負ったとしても、

私は同じく、

正面を切って警察の方にご相談に行きます。

これが信念でございます。

ネットの反応も一部ご紹介致します!

・暴力をふるった日馬富士がいちばん悪いけど周りにいた他の横綱も悪い

みんなまとめて処分するべき

・そうなんです。どこか狂っているのです相撲協会は

以前の暴力事件や八百長事件以来何も学んでいません。

いや、学びたくないのでしょう。

絶対的に「力の弱い」貴ノ岩を「黙らせて」相撲協会、

そして日馬富士を守ろうとする姿勢。

やはりここは貴ノ花親方以下若い勢力により、

因習にとらわれないクリーンな相撲協会にしてもらいたいところです。

※とはいえ、「タニマチ」やら「興業ヤ●ザ」等必ずしも

クリーンにはなりきれないところはありますよね、

相撲界「そのもの」が・・・

※政治とは絡めたくないですが、

今回の件はまさに「日本の縮図」そのものだと思います。

絶対変えることはできないと思いますね、残念ですが。

・政治にしろ、社会にしろ

マスゴミはそれを良くする為には存在していないからね、

単に飯の種lucky!!と演出、脚色、劇場化。
(世論操作、誘導)

時には総理、大臣(他)まで辞任、

●●に追い込むほどの力を発揮する事があるのに,

↑相手によって変わる強弱の報道姿勢の線引きは何で,誰の指示、

知りたいものだ。(籠池と加計)

・今日のTBSの「ひるおび」の恵俊彰の言葉には驚いた。

「貴ノ岩もある意味被害者といえますから・・・」だと。

ある意味被害者といえる?・・・・

正真正銘「傷害事件」「刑事事件」の被害者ではないのか?

こいつらは完全に貴ノ岩が被害者だと思っていない事が分かるが、

これが日本人の意識を代表しているのかも知れない。

日本人の民度なんてこの程度のものかと思うと悲しくなる。

・私は相撲が昔から大嫌い。

金と癒着で成り立つ異常な組織だから。

ここには心技体なんてものは存在しない。

今回の刑事事件は相撲界が全て腐っていることの証明でしかない

これが日本の国技とは笑わせる。

普通に考えれば、力士の心技体を確認、

横綱に任命した横審の連中は全員謝罪と辞職を即日行うべき問題。

しかし横審の委員は自分たちの責任には一切言及しない始末。

これを見ると相撲界の連中は完全に腐っている事間違いなし。

文科省も相撲界も、

実態を知らず応援するファンもまともとは思えない。

相撲界に心技体は存在しないし、

それを教育出来る人間もいない。

そして相撲界には道徳も一般常識さえない事も今回証明された。

みっともない、恥ずべき日本の国技での現状である。

まるでモリカケの政治と同じなのが笑える。

これらの根底にある日本の民度を象徴しているのが、

相撲と政治なのかも知れない

YouTube動画はこちら↓