元フジテレビのフリーアナウンサー、加藤綾子はフジ系「平昌五輪中継」(来年2月9日開幕)で、

柔道男子五輪3連覇を達成した野村忠宏氏(42)らと中継キャスターを担当。

注目選手に男子フィギュアスケートの羽生結弦(22)を挙げ、

「現地まで行って、

肌で感じるものを皆様に届けていきたい」

と意気込んだ。

一方、同五輪での日本選手のメダル獲得数を問われた野村氏は、

「(1998年の)長野五輪が(冬季五輪最多の)10個だったので、

11個を目指してほしい」

と選手にエール。

楽しみにしている平昌五輪の現状がヤバイので少しご紹介致します。

来年2月に開幕する平昌冬季五輪・パラリンピックの競技場や施設を各国の駐韓大使や経済関係者が視察するイベントが25日、

韓国外交部の主管で開催された。

康京和(カン・ギョンファ)外交部長官をはじめ、

ナッパー米国大使代理、

長嶺安政・日本大使ら外交関係者、

ブルックス在韓米軍司令官(韓米連合軍司令官兼務)ら米軍関係者のほか、

公明党の山口那津男代表や国内外の報道陣ら約200人が出席し、

大会の準備状況を視察した。

出席者はソウルから五輪会場まで選手や観客を運ぶ主力の輸送手段となる新線・京江線(12月開通)の高速鉄道(KTX)で現地入りし、

競技場を見て回った。

午後には大粒の雪が降る厳しい寒さの中、

五輪の開会式と閉会式が行われる会場を視察した。

大会関係者は、

屋根がない開放型の会場の防寒対策について報道陣から問われると、

防風ネットの設置やカイロなど防寒グッズの配布などの計画を説明した。

康長官はホテルで行われた昼食会であいさつし、

平昌の「平」は平和、

「昌」は繁栄を意味すると紹介。

北朝鮮の平昌五輪参加に期待を示し、

「(北朝鮮の参加を)全国際社会が歓迎する。

南北の和解と平和構築に向け特別な機会になる」

と強調した。

ブルックス司令官は

「在韓米軍と米大使館は競技が成功裏に安全に開催されるよう全力を尽くす」

と力を込めた。

重要なポイントは、この2つ。

「ブルックス在韓米軍司令官ら米軍関係者:五輪の開会式と閉会式が行われる会場を視察した」

「ブルックス司令官:『在韓米軍と米大使館は競技が成功裏に安全に開催されるよう全力を尽くす』」

世間の反応を一部ご紹介致します。

・何で日本大使がいるんだ?

帰国したんじゃ無いのか?

↑それより米軍関係者がいるのが気になる

やはりテ●を警戒しているのか

↑平昌五輪は危険ですって自らアピール

↑こんなPRするオリンピックなんて前代未聞だな

↑オリンピックから●争勃発なんて世界初だな

・南北の和解とかまだ言ってんのか

価値観共有不可能だわw

・平昌には全くホテルが足りない。

ソウルからの移動手段も全然足りない。

極寒の平昌に凍えながら野宿するのは厳しい。

オリンピックは諦めてソウル観光でもしようとしても、

日本人が注文した料理には嫌がらせで

ツバが入れられてないか心配で食事も楽しめない。

・てか、各国て日米関係者だけじゃないの?

しかも韓国の言う事は信用できない。

と言うことでの米国関係者の開催安全の保障となってる。

邦人避難計画となにか関連している。

おそらく、各国の避難計画も

米国と一時避難先の日本の安全保障下で

行われると米軍が宣言する日が近い。

YouTube動画はこちら↓