人と喰種がお互いに
協力をしあい、
カネキを助けようと
しています。

既にCCG内では、
共存が実現したといっても
いいでしょう。

後は、
世間の人々にも
理解をしてもらえば
共存が実現する形。

しかし、
その前に金木の奪還が
待ち受けますが、
このままスムーズに
行われるのでしょうか?

何かあるとしたら、
次なる脅威の登場も
ありえそうなところ。

最深部の子供たちから、
地下の「ナァガラジ」は
眼球を全部壊したら
動きが止まり石になった
とのこと。

ここから、
本体が眼球付近に
いるだろうと推測。

しかし、
丸手は眼球一つ一つ
調べていくのはそれでも
大変だと話しています。

ただ、
今のカネキはトーカから
貰った指輪をつけていますが、

ヒデの質問から
トーカはその事に
勘付きました。

つまり、
金属を探知する機械か
なんかを用いて、

眼球付近のみを
捜索していけば、
自ずと金木が発見できます。

後は、
地行博士によると
72時間動かないそうなので、
その時間内に発見できるかが
鍵になるでしょう。

しかし、
あまりにもスムーズに
ことが進んでいるようにも
感じます。

本当にこのまま
何事もなく奪還成功と
なるのでしょうか?

それとも、
その先の新たなる
展開も既に想定しているのか。

政からは、
地下の王が和修から出た
隻眼の喰種だという
話がされました。

遂に、
100年前の隻眼の喰種の
正体が明らかになりましたね。

つまり、
白日庭から誕生した、
半喰種だったという事。

エトもまた
世界の歪んだ鳥籠に
反感を持っていたので、
似た思想の人物だった事
でしょう。

また、
地下のナァガラジが
その王だったとも
仄めかしていますし、
ナァガラジ=100年前の隻眼の喰種
だったという事で謎が解決。

更に、
和修に反感を持つ奴が
地下24区に追いやられた
とのことでした。

つまり、
その和修に反感を持つ
勢力がまだ隠れている
可能性があります。

そして、
その一部こそが、
旧多派として描かれた
「V」の連中でしょう。

その中には芥子も
含まれているに違い
ありません。

実際、
和修常吉の暗サツにも
参加していたようですし。

結局、
未だに影を潜めていますが、
やはり次の黒幕候補は
芥子になるのでしょうか?

しかし、
人と喰種の共存が
実現したのなら、

もはや
脅威といえるほどの
勢力でもないように
思えますが、

ここをどう上手く
盛り上げていくのかに
期待ですね。

一応、
「V」の黒服の連中の中には
外国人の顔をした人物もいたので
意外と大きな勢力になるのかも
しれません。

政からは、
父を本当にコロした
連中という台詞。

政の父というと
和修吉時。

そして、
ルシマ編では、
丸手が頭に銃弾を入れた後に、
戦闘が行われシんだ描写。

しかし、
どんな戦闘が行われていたかは
謎のままでした。

ただ、
政の台詞から、
実は「V」の連中に
コロされていた事が
明らかになっています。

まさに先ほど話した
和修に反感を持つ
連中だったという
事なんでしょう。

更に、
今回では人も喰種も
襲う「V」の連中の様子が
描かれましたが、

この先、
人と喰種が共存しようが
関係なく闘っていく姿勢の
表れでしょう。

また、
以前のピエロの攻防戦では、
特殊捜査官が登場しましたが、

旧多曰く、
一人一人が特等捜査官の実力者。

数次第では、
脅威となりえるのかも
しれません。

しかし、
その目的は何になるのか?

今後は、
カネキたちの作り上げた
鳥籠が気に食わないという
事なんでしょうか?

また、
そんな勢力がいたとしたら、
間違いなく混乱が起こるでしょう。

そして、
それに喜んで手を
貸しそうな組織といえば
ピエロ。

後は
六月と安浦も何気に
生存していましたから、
CCGから脱退していくのかも
しれませんね。

では、
何だか次なる脅威もチラッと
垣間見える形となりましたが、
盛り上がっていくのか?

展開に期待!

YouTube動画はこちら↓