やく氏は「白鵬に一番非があるという気がしています。

次に日馬富士、

人柄としてもいい男なんですが“下手人”でございますから…」

と言うと、

その次は

「大本であろう貴乃花親方」と続け、

「どういう言動があったのか分かりませんけど、

貴ノ岩はこんなものかな」

とその下に位置づけた。

白鵬が九州場所優勝インタビューで観客を巻き込み万歳三唱をしたことや、

11日目・嘉風戦に負けたあと立ち合い不成立を申し出て土俵の外に居座ったことは

「明らかなルール違反」と指摘。

「横綱としての品格がない」

と物言い番付の一番上に持ってきた理由を説明した。

「相撲の世界で、

土俵以外のところで一切暴力がダメっていうのは正直ムリがあると思うんですよ」―。

2017年12月3日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、

ダウンタウンの松本人志さん(54)が

元横綱・日馬富士の「暴力」を肯定するような発言をしたことが、

波紋を呼んでいる。

松本「稽古と体罰ってすごいグレー」

3日放送の「ワイドナショー」では、

平幕・貴ノ岩への暴行問題の責任を取って、

11月29日に引退を表明した元横綱・日馬富士の引退会見の模様を放送した。

日馬富士の引退について、松本さんは

「引退する必要はなかったと思ってますね」

と、日馬富士の引退に納得していない思いを明かした。

松本さんは

「もちろん酒の場で物(リモコン)を使ってやりすぎたってのはありますよ」と、

日馬富士の貴ノ岩への行為が行き過ぎた行為であったことは認めながらも、

「(相撲は)人を張り倒して投げ倒す世界じゃない。

その世界で土俵以外のところで

一切暴力がダメっていうのは正直ムリがあると思うんですよ。

だったらどうやって稽古つけんねやろって」

と持論を展開。続けて

「あの、稽古と体罰ってすごいグレーなとこで、

でもそれで強くなる力士もいると思うんですね」

と、日馬富士の行いの根底にあるのは「正義感」であるとして、

自身はそうした日馬富士の味方であることを断言した。

この松本さんの発言を受け、SNS上では

「かなりビックリ。松本人志は暴力虐待擁護なんだ」

「松本さんにはとてもがっかりした」

「試合としての格闘技と暴力は本質的に全く違うものだろ……」

「稽古は稽古場でやれよ」

「暴力肯定派の松本さんに心底がっかり」

など、批判の声が相次いでいる。

必要なのは「日本人力士が強くなること」

また、松本さんはこうした問題が表沙汰になるのは、

日本人力士がふがいないからだという。

松本さんは

「モンゴル人力士に押されちゃってるんですよ。

相撲協会もモンゴル相撲にふんどしを掴まれてあたふたしているのが僕は見ていて情けない」

と、「日本人横綱」が稀勢の里1人しかいない現状を嘆き、

「結局モンゴル人力士を意識しすぎているというか、

負けてるから、いろんなことが目に付くというか。

日本人の横綱が3人、4人と出てきたら、

なんとも思わなくなるんですよ」

と、日本人力士の奮闘を促した。

タレントの武井壮が元横綱・日馬富士の暴行問題に言及した。

武井は先月28日に自身のツイッターを更新し

「スポーツ界だろうが会社だろうがなんだろうが立場が

上の人間が暴力振るうなんてのは野蛮で低俗な行為だよ。

上司や先輩なんてのは立場や経歴が上ってだけで

『人としての権利が上』

なんて事あっちゃならねえんだよ」

と厳しく日馬富士の暴行を批判し、

このツイートは1万回以上リツイートされるなど注目を集めていた。

「爆笑問題」の田中裕二(52)にツイートの真意を聞かれ

「暴力と指導は違うって言うけど、その境目はどこなの」

と切り出し、

「じゃあその暴力が指導であると仮定して、

その人の親や警察の前でも同じことができるのか。

できないなら最初からしちゃいけない。

伝統的なものの中だから、

相撲だからよしってのはおかしい」

と言葉に力を込めた。

医師でタレントの西川史子に

「親の前でなら(暴力しても)いいの」と問われると

「それはよくない。よくないけど親の前でもできるぐらい愛して、

指導するつもりでやるのと今回(の日馬富士の暴行)は違う」と持論を熱く語った。

YouTube動画はこちら↓