何が何だかわからない…

横綱日馬富士が、同じモンゴル出身の力士、貴ノ岩を殴打し、

怪我を負わせたとされる事件。

毎日うんざりするくらいテレビやメディアを賑わせている。

そして、日が経つにつれて、

経緯が明らかになってくるどころか、

逆に毎日、何が何だかわからない状態になってきている。

最初は、

「日馬富士はビール瓶で殴打し、

殴られた貴ノ岩は頭蓋底骨折で髄液漏の疑い」

ということが伝わり、

日馬富士は廃業必至か、

などという憶測を呼んだ。

しかし、同席していた横綱白鵬が、

「ビール瓶では殴っていない」と証言をしたかと思うと、

診断した医師も

「最初はその疑いがあるということだったが、

診断の結果、骨折も髄液漏もなかった」

と証言した。

日馬富士自身は、警察の取り調べで、暴力は振るったが、

平手打ちだったと述べたという。

また、貴ノ岩本人は、警察の聴取には、

「目をつぶっていたので、

何で殴られたのかはわからない」

と述べているそうだ。

そうかと思うと、

別の同席者は

「カラオケのリモコンで殴った」

「灰皿だった」と言う者もいれば、

果ては「ビール以外のアルコールの瓶で殴った」などと

わけのわからない証言まで出てくる始末。

まったく、芥川龍之介の『藪の中』そのもののような有様で、

誰が本当のことを言っていて、

誰が嘘をついているのか。

起こったことは1つであるはずなのに、

見る人によって物の見え方がこんなにも異なるようだ。

あるいは、日馬富士は、素手で殴ったかと思うと、

灰皿を持ち、ビール瓶に持ち替え、

それからカラオケのリモコン、

最後は「ビール以外のアルコールの瓶」というように、

まるで千手観音か何かのように、

すばやくありとあらゆる「固い物」を手にして、

殴りつけたのだろうか。

登場人物みんなが胡散臭い

当の貴ノ岩自身は、

現在相撲協会も居所がわからないそうだ。

そして、師匠の貴乃花親方は、

協会の危機管理委員会による聴取も拒否し、

マスコミの前にも現れない。

貴乃花親方は、巡業部長という職にありながら、

巡業中に起こったこの「事件」について、

協会に報告をしなかったり、

最初は「階段から落ちた」と嘘をついていたり、

診断書が2通あったりと、

その言動に疑念が集まっている。

協会の聴取を一切無視して、

いきなり警察に被害届を出したのは、

協会への強い不信感があり、

協会が「事件」をもみ消しにかかることを恐れての対抗策かとの見方がある。

しかしその一方で、

来るべき理事選を睨んで、

八角理事長を失脚させるための算段だという見方も出ている。

何と言うか、何だか登場人物みんなが胡散臭い。

なぜこんなことになっているのだろうか。

それは、本来なら、

加害者である日馬富士と被害者である貴ノ岩2人の問題であるはずなのに、

親方がいて、相撲協会があって、

もはやというか、最初からなるべくしてというか、

単なる個人と個人の問題ではなくなっているからだ。

日馬富士は、単なる個人ではない。

角界を背負う横綱である。

相撲は単なるスポーツではない。

長い歴史と伝統、

古くからのしきたりに雁字搦めの世界である。

そこに理事長選まで見越した権力闘争の思惑などがあるのかどうかは知らないが、

いろいろな登場人物が入り乱れて、

それぞれの思惑で話をするものだから、

事実にさまざまなフィルターや修飾がかかって、

少しずつ話が変わっていき、

そして最後には、

大きく事実からは離れた「物語」ができてしまっている。

たとえば、当初の「貴ノ岩重症説」は、

協会の古い体質を一層すべく、

「話を盛った」のかもしれないし、

「貴乃花親方悪人説」は、

彼の改革への意志を快く思わない古い体質の一派が意図的に流したリークなのかもしれない。

度重なる相撲界の暴力事件

日本経済新聞は、

11月17日付の社説で「角界は暴力根絶へウミを出せ」と主張している。

ほかのメディアでも一斉に「相撲界の信頼失墜」という言葉が躍っている。

たしかに、相撲の世界では、

2007年に親方が弟子に暴行した挙句、

死亡させた事件があり、

大激震が走った。

さらに、2010年には、

朝青龍が一般の人を殴るという事件が起き、

度重なる信用失墜行為に、

とうとう引退に追いやられた。

モンゴル出身力士の草分けである元旭鷲山は、

「日馬富士の暴力は日常茶飯事」だったと証言をしている。

そして、彼はまた、

「あの部屋の力士を殴ったのが悪かった。

ほかの部屋の親方なら、

なんとか話をつけることができた」と述べたという。

馬鹿も休み休みに言ってほしい。

若い血気盛んな新入り力士たちではなく、

横綱や親方という責任ある立場の者たちが、

このように度重なる暴力沙汰を起こしており、

それが一向に収まる気配が見えない。

やはり暴力に対する考え方の甘さ、

業界の体質というものが、

根強くあると言わざるを得ない。

膿を出し切って、

再出発をしなければならないのはその通りである。

はたして角界の問題なのか

とはいえ、やはり私は釈然としない。

こうした事件があったからといって、

十分な調べも終わっていないうちに、

しかも日々コロコロと証言が変わっているなかで、

「角界の体質である」と条件反射のように短絡的に決めつけるメディアの態度は、

いつものこととは言え軽率である。

その疑いは濃いけれども、

日馬富士個人の性格や行動上の問題のウェイトのほうが大きいのかもしれない。

当事者同士の間に何か積り積もったものや、

周囲にはわからないわだかまりがあったのかもしれない。

現時点では、まだ何もわからないのだ。

もちろん、

「あくまでも個人の問題」として片づけるような、

トカゲの尻尾切りにならないように注意も必要である。

どんな個人も、当然のことながら、

その背景からは切り離すことはできないし、

どんな事件にも個人の事情と同様、

その背景事情も複雑に絡んでいる。

完全に個人の問題としてとらえるべきだと主張しているのではない。

しかし、この「事件」では周囲がうるさすぎるのだ。

一瞬のうちに当事者を離れて、

親方同士の関係や相撲協会の問題にばかりウェイトが置かれすぎて、

その挙句先に述べた通り、

さまざまな思惑が入り乱れ、

日々いろいろなものが上塗りされて、

元の事件が何だかわからないものに変貌してしまっている。

今回の被害届も本人ではなく、親方が出したという。

大の大人なのだから、

本人が出せばいいではないか。

このこともまた、
個人の問題が、

一挙に部屋の問題となり、

次に部屋と協会の対決の構図となっていく一因となった。

こんな状態では真相究明もままならず、

膿があったとしても、

それを出し切ることなどできるのだろうか。

貴乃花親方の態度を支持したい

「角界の信頼問題」

「相撲界全体の大問題」

と大上段に構える言葉ばかりが目立つのは仕方ないとしても、

私はやはり、日馬富士という1人の人間が暴力を振るい、

貴ノ岩という1人の人間が被害を受けたという事件として、

まずは個人の問題に還元して、

皆が一度頭を冷やしてほしい。

当事者にも、自分個人の問題として向き合ってほしい。

思惑や大げさなフレーズを拭い去って、

背景から少し離れて1人の人間として、

聴取に応じてもらいたい。

その場合の基本的な事実は、

はっきりしている。

当事者がそれぞれ認めているように、

日馬富士が暴力を振るい、

貴ノ岩が怪我をさせられた、

ということだ。

日馬富士と親しいというある人物は、

「彼は暴力を振るうような人間ではない。

よほど何か腹に据えかねたものがあったのだろう」と、

日馬富士を庇いながら、

被害者である貴ノ岩が悪いと言わんばかりの口ぶりであった。

こうした相変わらずの発言には、

「またか」とうんざりするしかないが、

仮に貴ノ岩の態度が生意気だったとしても、

先輩の説教に携帯をいじって上の空だったとしても

(本人はいずれも否定しているが)、

そんなことはどうでもよい。

無抵抗の相手に対し、

暴力を振るってよい理由は、

この世には1つもない。

それが酒の上でのことだったということも、

まったく何の言い訳にもならない。

誰が何と言おうと、

状況がどうだろうと、

白黒ははっきりしていて、

ものすごくシンプルなことだ。

殴った日馬富士が、100%悪い。

こうした基本的な事実関係をはっきりと認めたうえで、

角界の体質も含めて、

彼らを取り巻く背景が、

事件にどのように影響を与えていたのかを分析するべきである。

親方や理事、元関係者は、

しばらく口を出さず、

警察の捜査に判断を委ねてほしい。

それが一番客観的で、

思惑を離れての判断であると思うからだ。

協会としての聴取や処分は、

司直の判断が出た後でもよいではないか。

もちろん、その場合も、

権力闘争や何かの材料にすることは慎むべきである。

その意味で、いろいろな批判はあるなかでも、

私自身は貴乃花親方の態度を支持したい。

協会が前に出すぎて口うるさく言えば言うほど、

そして下手に動けば動くほど、

まさにそこに膿がたまっているのだということを、

協会幹部は自覚すべきだ。

被害者の名前を言わない引退会見

日馬富士が貴ノ岩を殴ってケガをさせたとされる事件が、

発覚してから2週間。

とうとう、日馬富士が引退するところまで追い込まれた。

引退会見では、
冒頭「貴ノ岩関にケガを負わせたことに対し、

おわびをさせていただきます」と述べたものの、

その後「国民の皆様、相撲ファンの皆様に大変ご迷惑をお掛けしたことを心から深くおわび申し上げます」と謝罪し、

そこに貴ノ岩の名前はなかった。

このような大事な場面で、

謝罪の対象に被害者の名前をうっかり忘れるということは普通考えにくいから、

これは意図的なことなのだろう。

また、暴行に至った原因としては、

「先輩の横綱として、

礼儀と礼節がなっていないときにそれを教えるのが義務だと思っている」と語った。

同席した伊勢ケ浜親方は、

「やった事実はあるわけなので、

横綱として責任は取らなければいけない」と述べたが、

会見を通して

「横綱という名前を汚してはならない」

という信念が貫かれていた。

また、記者の質問に気色ばんだり、

質問を遮ったりする場面も見られ、

当初の反省の色がどこかに行ってしまったような様子だった。

端的に言えば、不快な会見だった。

最初のほうは、

残念なことになったものだと同情しながら聞いていたが、

途中からそんな気持ちは吹き飛んでしまった。

まだ捜査中ではあるが、

自らの暴行で相手に大怪我をさせておきながら、

まるで

「横綱を辞めさせられた自分のほうが被害者だ」

と言いたげな態度が滲み出ており、

「相手のことを思う一心だったのに」

「相手のほうが悪かった」

との言い訳に至っては甚だ聞き苦しい。

さらに、

「一件の後、貴ノ岩から謝罪があって握手して別れたから、

事がこれほど大きくなるとは思っていなかった」

と平気で言ってのけるあたり、

まったく共感性というものが欠如しているのではないかと疑ってしまう。

親方の態度は、

弟子を庇うことは美しい姿なのかもしれないが、

なぜこのような事態になったのかという肝心のところが抜け落ちている。

「横綱としての品位」に傷をつけたから引退ではなく、

人に暴力を振るってケガをさせたから引退だということがわかっていない。

こんな親方だから、
弟子がこんなことになってしまったのだ。

親方の責任はとても大きい。

危機管理委員会という茶番

それに輪をかけて酷かったのが、

日本相撲協会の危機管理員会なるものが出した「中間発表」である。

そこでは、以下のようなことが発表された。

1 一次会で、白鵬が貴ノ岩の言動に説教をしたが、

日馬富士はそれを庇った。

2 貴ノ岩は両親を亡くしており、

似た境遇にある日馬富士は日ごろから彼を気にかけ可愛がっていた。

3 二次会になって、白鵬がまた説諭を始めたとき、

貴ノ岩がスマートフォンをいじっていたので、

日馬富士は大横綱の白鵬に何たる態度かと腹を立て、

貴ノ岩の顔面を平手で殴った。

4 貴ノ岩がそこで謝罪していればよかったのに、それどころか睨み返してきたため、さらにカラオケのリモコンなどで殴った。

危機管理員会なるものが、中立的な立場ではなく、

明らかに「加害者寄り」であることがはっきりとわかる。

そもそも、被害者の貴ノ岩から事情を聞くことができていないのに、

加害者側からの一方的な言い分だけを聞いて、

「中間発表」を出したところにも、

その性格が如実に現れている。

貴乃花親方が貴ノ岩の聴取を拒否しているから、

貴ノ岩の事情聴取ができなかったということは事実であっても、

肝心の被害者から事情を聞けていないのであれば、

この時点でこれを出すことは拙速である。

そして、その内容自体についても、

論評をするのも嫌になるほどのあまりの酷さである。

まるで、日馬富士が主人公の安っぽいメロドラマである。

日馬富士は確かに人望もあり、

人情家だったに違いない。

しかし、そんな修飾語はいらない。

事実をきちんと客観的に書くべきだ。

日頃から面倒を見ていたとか、

庇っていたとかという誘導的なストーリーにはうんざりするほかない。

また、それとは対照的に、

貴ノ岩を一貫して「悪者」として描き、

「謝罪をしていればこんなことにはならなかった」と、

あたかも彼一人にすべての責任を負わせるかのような態度は、

卑劣としか言いようがない。

この世に無抵抗の人間を殴ってよい理由など1つもない。

百歩譲って、

日馬富士がどれだけ善人でも、

貴ノ岩がどれだけ悪人でも、

それは同じことだ。

聞くところによると、

危機管理員会の委員長は、

元高検検事長だという。

検察官が正義の味方とは思わないが、

あまりのポンコツさに呆れるばかりである。

『レインメイカー』という映画で、

マット・デイモン扮する青くさい正義感溢れる弁護士が、

老練な悪徳弁護士に

「あなたはいつから堕落したのですか」

と怒りに満ちたまっすぐな問いを発する場面がある。

危機管理員会の中間発表は、

そんなシーンを思い出させる茶番劇だった。

理事会という伏魔殿

そして、極めつけが、

中間発表と同日に開催された相撲協会の理事会でのやり取りである。

理事会は、貴乃花親方が久しぶりに公の場所に姿を見せ、

八角理事長や伊勢ケ浜親方と顔を合わせるとあって、

大きな注目を集めた。

理事会では、

聴取に協力しない貴乃花親方に対して、

複数の理事が詰め寄り、

翻意するよう説得したという。

まさに、多勢に無勢の有様である。

マスコミ報道も、

貴乃花親方の「頑固さ」ばかりをクローズアップしているが、

この風景もなんとも異様である。

貴乃花親方は、

被害者側であって、

被害者を守る立場である。

彼は、繰り返し

「この一件は、もはや関取同士の内輪もめという範疇を超えているから、

警察に届けを出し、その捜査を優先する」

と主張しているだけなのに、

そのどこがおかしいのだろうか。

それに、これまで述べてきたように、

明らかに「加害者寄り」の相撲協会を信用して事情聴取に応じろと言われて、

「はいそうですか」と言えるはずがない。

理事会では、冬巡業から巡業部長である貴乃花親方を外すことが決定されたという。

これは、親方への「処分」ではないことが強調されていたが、

寄ってたかっていじめをしているように見えてしまう。

また、それで恐れるのが、

今後の貴ノ岩への風当たりである。

これまで相撲協会が描いてきたのは、

「悪者の貴ノ岩のせいで、後輩思いの熱血漢、

日馬富士が引退に追いやられた」

というストーリーである。

だとすると、貴ノ岩はこの後、

相撲の世界に居づらくなって、

居場所がなくなってしまうのではないか、

まさにいじめのようなことが起こってしまうのではないかと危惧してしまう。

加害者と被害者が逆転する

この国では、弱い者が声を上げたり、

虐げられた者が自分の権利を主張したりすると、

煙たがられ、悪者扱いされることがよく起こる。

あるスポーツ新聞では、

貴乃花親方を吉良上野介になぞらえていた。

だとすると日馬富士やその取り巻き連中は、

日本を代表する悲劇のヒーロー、

赤穂浪士だと言いたいのだろうか。

そして、その記事は、

赤穂浪士は切腹、

吉良は無罪放免だったことを取り上げ、

「『喧嘩両成敗』の知恵に学びたい」と結ぶ。

貴乃花親方を「稀代の悪人」イメージの代表格である吉良上野介になぞらえ、

喧嘩両成敗にすべきということは、

つまり日馬富士は「切腹」したのだから、

貴乃花親方も無罪放免にはせず、

彼も罰するべきだと言いたいのだろうか。

季節はもう12月。

まさに忠臣蔵の季節である。

あの時代には、忠君という道徳が最高の美徳であり、

主君のために仇を切りつけた赤穂浪士はヒーローになった。

しかし、妙なアナクロニズムを持ち出して、

話を捻じ曲げないでほしい。

相撲協会や横綱に媚びへつらう道徳などいらないし、

被害者と加害者を逆転させるような馬鹿げたことは、

厳に慎むべきである。

YouTube動画はこちら↓