この上沼さんはカッコいいじゃん!

以下引用です。

「M-1グランプリ 2017」で審査員を務めたタレントの上沼恵美子さん(62)の

「酷評コメント」に、

インターネット上で

「聞いててイライラする」

「いや正論だよ」

と賛否両論が巻き起こっている。

上沼さんがバッサリと切り捨てたのは、

決勝10組のうち最下位に終わった「マヂカルラブリー」と、

9位の「カミナリ」の2コンビ。

特にマヂカルラブリーに対しては、

「よう決勝に残ったな」などとキレ気味に捲し立てる一幕もあった。

■優勝は「とろサーモン」

2017年12月3日、テレビ朝日系で生放送された「M-1グランプリ」。

芸歴15年目で初めて決勝にコマを進めた「とろサーモン」が、

エントリーした若手漫才師4094組の頂点に立った。

大会で審査員を務めたのは、

オール巨人さん、春風亭小朝さん、渡辺正行さん、松本人志さん、博多大吉さん、中川礼二さん、上沼さんの計7人。

決勝に残った10組が順にネタを披露するファーストラウンドでは、

審査員がつけた点数の合計得点(1人100点=合計700点)を競った。

まず上沼さんの火が点いたのは、

2組目に登場した「カミナリ」。

実は、昨16年の同グランプリでの審査で、

上沼さんはカミナリに81点という低評価をつけた
(他の審査員4人の平均は90点だった)ことで話題になっていた。

ネット上では「因縁の対決」などと騒がれていたが、

上沼さんは今回のカミナリのネタに90点という高得点(7人の合計は618点、他6人の平均は88点)をつけた。

審査についてコメントを求められると、

まず「去年、私低かったでしょ。

カミナリの得点。

でも、今日のはネタがとっても好き!」と高評価。

しかし、

「ただ、叩いて笑いが来ないのは…。

あのドツキは要るんやろか。

叩いてからツッコむというのは要らないと思う。

もうクセになってる。

これ(どつく仕草をしながら)なしでもドッと(笑いは)来ます」

と指摘。

カミナリのネタの大きな特徴である

「どつき」を全否定したことに、

MCの今田耕司さんも

「すごい一石を投じられましたね…」

と困惑気味で返していた。

こうした「公開指導」に反感を抱いた視聴者もいたようで、

ツイッターやネット掲示板には放送中から、

「上沼恵美子が、カミナリのスタイル全否定してて『ん?』ってなった。

あの否定は審査員がすることじゃないだろ」

「カミナリのどつき芸についてどつく必要ないって言うのナンセンスすぎる」

「『どつくのやめろ』とかパワハラもいいとこだろ」

との書き込みが続出することになった。

「上沼さんが視聴者の全てを代弁してくれた」

と賛同の声も

さらに上沼さんが大暴れしたのは、

6組目に登場した「マヂカルラブリー」の審査。

合計得点607点で最下位に終わったネタについて、

83点をつけた上沼さんは

「ごめん、聞かないで…」とポツリ。

続けて、

「あのねぇ、好感度を上げようと思ったら、

審査員もいい点をあげればいいと思うんです。

でも、本気で挑んでるんで、みんな。

本気で私も挑んでます」

と低評価の理由を説明。

これにマヂカルの2人が「(自分たちも)本気でやってるから!」と反論すると、

上沼さんは、

「本気でやってるっちゅうてんねん、こっちもォォ!!! 」

と一喝した。

その上で、

「一生懸命頑張ってるのは分かるけど、好みでない」

「ごめんね、よう決勝残ったなって思って」

「(キレ気味に)もういいですか?」

と捲くし立てると、会場は騒然。

MCの今田さんはフォローに追われ、

「あんな怖い上沼さん初めてやぞ」と冗談めかして笑いを誘っていた。

こうした一幕についても、インターネット上では、

「上沼恵美子元々嫌いだったけどもっと嫌いなった」

「上沼さんの『よく決勝残れたな』は

マヂカルラブリーの10年間全てを否定する発言だから

言葉選びを間違っても絶対に言ってほしくなかった」

との反発が広がることに。

なかには、最下位コンビへの激しい叱責を

「パワハラではないのか」などと指摘する声も出ていた。

ただ一方で、上沼さんによる2組への指摘は

「愛のムチ」だと肯定的に見る向きも。

ツイッターには、

「上沼恵美子のカミナリに対するコメントほんと正論だと思うし、

なんで叩かれてるんや?」

「マヂカルラブリーへのコメント聞かれて『好みじゃない』って言ったのは

上沼恵美子の優しさ」

「上沼さんが視聴者の全てを代弁してくれたと思う」

との声も。

そのほか、審査員として大暴れしていた上沼さんの姿から、

「(M-1)優勝は上沼恵美子じゃないの?」

との冗談を飛ばすユーザーも目立っていた。

狩野英孝「マジはもっと凄い」

なお、今回の上沼さんの叱責を受けて、

マヂカルラブリーのボケ担当・野田クリスタルさんは、

「ねえ大恥かいたんだけど」

と番組の生放送中(3日夜)にツイート。

これに、お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐さんは4日朝、

「その大恥かいてるの超ウケたんだけど~ 筋肉、庄司よりあるし」と

フォローの言葉を送っていた。

また、狩野英孝さんも4日昼にツイッターで、

「いつも上沼さんに怒られてる僕から言わせてもらったら、

マジはもっと凄い。

まだまだ、全然。愛ある」

と反応していた。

ネットで「上沼優勝」と評された大暴れ審査の末に、

最後に涙を流した理由を明かした。

この日の番組で上沼は共演のシャンプーハット・てつじらと今回M-1を振り返った。

最終決戦でとろサーモンの優勝が決定後に、

涙を流した理由を聞かれると

「渡辺(正行)さんの涙を見て、ぐっと来たんよ。

渡辺さんが、後輩たちが頑張ったことに流した美しい涙に感動したんです」

と明かした。

続けて

「なんで私があそこで(自分から)泣かなあかんのよ。

何がつろうて泣くのよ」と返して笑わせた。

番組では、M-1会場の緊張感を

「紅白歌合戦以上」と明かす一方で、

観客に関して

「キャーと言うたら笑うような若いのばっかり。

軽いと言えば軽い」との私見も。

「あの番組は審査員が視聴者に審査される。

それがびしびし来る」と、

審査員全員が緊張していることを明かしたうえで

「昨日は何回か行かしてもらった中で、

一番上手な採点をさしてもろたと思ってます。

申し訳ないけど自信がある。

これで文句言われても仕方がない」

と振り返った。

他の審査員の採点と差が出ても気にしないとし

「昨日確信しました。

自分の道やなと。

やっと自信持てた」と語った。

ネットの反応も一部ご紹介致します!

・昔天才と言われた漫才師。

やっぱり的を射ている部分はあると思う。

・これは視聴者の頭が悪い方のやつだな。笑

先輩からの意見として、

こうだと思うって話してるのに否定されてムカつくって。笑

批評ってそういうもんでしょ。

正しいとか間違ってるとかでもないし。

・上沼さんなりの愛情なんじゃないの?

共感できる部分はあるね。

・審査員も会場もマヂカルラブリーの時だけ変な空気流れてたやん。

上沼恵美子は正論でしかない。

プライドが高いから恥かいたとしょうもないコメントして脱ぐって素人でもせんのちゃうかな。

やっぱり予選の審査員にも責任あるわな

・上沼恵美子の審査コメントに不愉快は感じなかったし、

本気で挑んで来る漫才師達は何万といる中の頂点に選ばれた漫才師達だからこそ、

決勝だろうがなんだろうが、

テレビ生放送で、駄目と思ったものは駄目とズバって言い切るところは逆に流石と思ったよ。

逆に恥かかされたとか思うのなら、

大舞台に立つ資格なんてないって事。

・むしろ、なんで大恥をかかないと思った?

面白くないから負けた。

ただそれだけ。

・審査員なんだから、

自分の物差しで発言して、

それが少しでも視聴者の気持ちを代弁してるなら良いと思う。

「言い過ぎ」って煽って炎上させよう、

降板させようっていう記事が嫌い。

・カミナリは全否定でもなかったし、

マジカルはあれがなければ何も残らんかったと思うわ。

・うん。上沼さんの言ってることわかるよ。

あんなどぎつくたたいて見てて目を背けたくなっちゃう。

“叩く”と言う行為で笑いがとれていたら意味があることなんだと思うけど、

皆、シーンとしてたよね。

・カミナリは個人的に好きで、

4位に外れる際のナデナデに繋げたことからも、

良いアドバイスであり、

良い振りだったと思う。

マヂカルラブリーについては、

個人的な思いをすべて述べてくれた感じでいた。

的確な指摘だったのではないか?

・どこがパワハラなのか?

なんでもかんでもハラスメントにするなよ

・あの二人に関しては決勝ネタ見て

「よく決勝まで残れたな」と俺も思った。

二回同じボケ来た時は殆どの人が先読めちゃったと思うw

最後までどんでん返し無しの展開で正直すべってた。

服脱いでさらにドンスベリw

この一件は上沼に同意できる。

・マヂカルラブリーに関しては、同じ意見。

何で決勝戦に出れるのか?

私にはわかりません

・プロの漫才師が選ぶ日本一の漫才師コンテスト

同審査してもかまわないと思う。

いっそのこと,無観客でもいいと思う。

観客が笑うところに違和感を感じることがある。

それだけ自分が今の笑いについて行けないかもしれませんが

YouTube動画はこちら↓