「相撲があっての私なので、相撲界に恩返ししたいという気持ちはありました」

11月29日に引退会見を開いた横綱・日馬富士(33)はそう語った。

貴ノ岩(27)への暴行問題の責任を取っての引退。

モンゴルから日本に渡って17年、

横綱の相撲人生はあまりにも不本意な形で幕を閉じることとなった。

「残念ですね。

いや、残念というよりも悔しいです」と語るのは、

広島県にある蓮華院金剛寺の座主・木原秀成さん(72)。

日馬富士を10年間にわたって支えてきた“恩人”で、

横綱も「心の師」と慕ってきた人物だ。

「実は29日の0時半ごろ、日馬富士から

『引退します。今日会見します』

と電話があったんです。

あまりに突然の出来事に、

私は腰が抜けるほど驚きました。

日本相撲協会による貴ノ岩の事情聴取はまだですし、

警察の捜査も途中段階。

横綱審議委員会も正式な判断を下していない状況です。

私は『まだ早いんじゃないか。

もう少し待っていろいろなことがはっきりしてから結論を出してもいいはずだ』

と慰留しようとしました。

しかし彼の心はもう決まっているようで、

何か悟りきったような話し方をしていました」

木原さんが電話を切ってから数時間後、

ネットニュースで引退が報じられる。

そしてこの日の14時、冒頭の引退会見が開かれたのだ。

翌日の30日には、

日本相撲協会の危機管理委員会が中間報告を発表した。

そこでは「ビール瓶で殴った」など、

当初言われた事実はなかったと明らかに。

貴ノ岩が横綱・白鵬(32)の説教を聞かず、

スマホで彼女からのメールをチェック。

それを日馬富士が注意したところ睨んできたため、

手やリモコンで殴打したという。

「たしかに暴力はいけないことです。

でも日馬富士は理由もなく殴るような人物ではないし、

実際に誤った情報によって必要以上に悪者にされ、

騒動が過度に大きくなっていきました。

貴ノ岩の師匠・貴乃花親方は警察に被害届を出しましたが、

いっぽうで相撲協会に連絡もせず危機管理委員会の調査への強力を拒否し続けてきました。

なのに30日の理事会に出席した後、

『日馬富士は引退する必要はなかった』

と語っていたそうです。

もし彼がすぐ協会に詳細を報告し、

早くから真実が報じられていれば日馬富士は引退しなくてもすんだかもしれません。

そう思うと、

やるせない気持ちになるのです」

ネットの反応も一部ご紹介致します!

・貴乃花の、日馬富士は引退する必要はない、

はその通りの意味ではない。

警察の捜査が終わってもないのに、

引退届を受理する協会の判断を批判したもの。

・一人良い子になろうとした白鵬はアウトだこりゃ・・・

横綱の風上にも置けない・・・

白鵬も処分が妥当・・・

・外野多すぎ。

マスコミ騒ぎ過ぎ。

・警察の捜査結果を待たずして日馬富士の引退届を受理した、

協会が悪い。

白鵬にはこの件に関して何一つ処分を与えず巡業に参加させてるくせに。

・今回の事件は、マスコミ、メディアがいつものごとく

面白おかしく話を大げさにしている

問題なのは10年前の17歳、暴行事件以降、土俵の

内外を問わず暴力を禁止する事に決まった

今回も加害者が暴力を認めているので、

被害者が何かを語らずとも懲戒解雇すべき問題なのは明白

被害者が語る事で暴力を肯定する話にはならない

日馬富士が会見で喋る事の第一は、貴ノ岩への謝罪と

今後、彼を相撲の世界で孤立しない様お願いをする事だった。

最後まで自分のした事を肯定する様な内容で

貴ノ岩への配慮が全く感じられなかった

・気持ちは分かります。

私も日馬富士をずっと応援していましたから。

でもどうであれ、

実際手を上げてしまった日馬富士は、

許されるべきではありません。

とにかく声を大にして言いたいのは、

指導という名の下に、

殺人事件が起きた過去があるということ。

黒幕がいるのは分かっています。

だから憤懣やるかたないかもしれません。

それでも罪は罪です。

・最近バイキングでお見かけする方ですね。

後半語られている貴乃花親方が

「相撲協会に連絡していない」とか

「引退しなくて良かったのに」は

ワイドショーネタで事実かどうか不明瞭な情報。

日馬富士への思いの100分の1でも良いので被害者側にも思いやりのある発言をお願いします。

・意味深ですね。

「日馬富士は、意味もなく人を殴る人ではない」

「まだ、警察の発表もまだだし、

貴ノ岩への調査も済んでいない」

「貴乃花親方が『日馬富士は引退する必要はない』と言った。」って。

ちょっと、そういうことを言っちゃっていいの?

と心配になりました。

素直に考えると、

「真犯人は他で、日馬富士は、巻き込まれただけ。

主犯じゃない。」

と言っていることになりますよ。

白鵬の説教中の貴ノ岩の態度に、

日馬富士がハラを立ててという設定が、

非常に不自然です。

しかも一次会では、日馬富士は止めに入っています。

しかも、2横綱を始め力士たちがいるのに十数分も止めに入っていない。

ただ、だとすると

あの伊勢ケ浜親方の無念ぶりも分かる気がします。

ベラベラ話すことに嫌悪感を覚える人もいるようですが、

おそらくこれが、精いっぱいの抵抗なんですかね。

どれだけ白鵬の威光がすごいのか。

・白鵬がいくら庇おうとも貴ノ岩のあの傷は事実ですからね。

怪我をしてなかったらまだ日馬富士は相撲を取れるでしょうがあれ程の怪我をさせてしまってはダメですね。

暴力はただでさえ世界的に問題に成ってるのに、

スポーツの世界それも日本の国技の最高の立場の横綱が、

下の位の力士に怪我をさせたのではスポーツ庁も怒りますよ。

たとえ示談に成ってても事実は無しには出来ないから引退するように圧力を掛けたと思うね。

だって土俵に上がる度に傷害罪を思い浮かべるからね。

貴乃花親方が警察に届けなければ隠密裏に処理されただろう、

危機管理委員会の協会寄りのいい加減な筋立てで報告されてるね。

警察に届けていても危機管理委員会の報告は協会寄りで信用出来ない状態だからね。

横審、協会内部、危機管理委員会は腐ってるやつらばっかり。

スポーツ庁が目指して方向性とは違うね。

YouTube動画はこちら↓