勝手に色々な想定で話を面白おかしくあおっているのはマスコミでしょう

日馬富士はもちろん、

相撲協会にも貴乃花親方にも白鵬にも問題は確かにあるが、

白鵬の親方はいったい何を教えてきたのか、

毎度毎度、厳重注意を受けてきたのに何も改善されない1番の責任は親方だと思う。

以下引用です。

貴乃花親方の支援者が6日、

フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」
(月~金曜後1・55)にVTR出演。

九州場所中に貴乃花親方(45)と電話で話したところ、

「完璧にだまされた」と語っていたことを明かした。

支援者は、九州場所で貴乃花親方と面会するのを楽しみにしていたものの、

11月13日(九州場所2日目)に巡業部屋で対面した際に、

貴乃花親方が真っ赤な顔をしてものすごく機嫌が悪く、

話しかけても生返事しか返ってこなかったと明かした。

そのときの様子を「僕らといつも接する親方じゃなく、

何か本当に機嫌が悪かったですよね。

僕らに接する時は当然にこやかだし、

お酒も飲みますし。

九州場所に行って、

会ってすごく機嫌が悪かったのは初めてですね」

と振り返った。

この支援者は日馬富士の暴行事件が報じられた翌日、

11月15日に貴乃花親方に電話をしたと語り、

「『大丈夫ですか?』って言ったら『大丈夫だ』って。

実際(話したのは)ちょろっとだけですけど」

と前置きしながらも、

「『完璧にだまされた』と言っていましたね」

と貴乃花親方の発言を明かした。

何について誰からだまされたのかについては

「それ以上のことは聞けないですよ」と、

質問できる雰囲気ではなく、

そのまま通話を終えたと説明した。

番組では、このときの貴乃花親方の怒りについて、

「貴ノ岩は休場したのに日馬富士が出場している」ことと

「11日に行われた臨時理事会で、

協会は被害届提出を把握しているのに事件を議題にあげなかった」

ことの2つが理由ではないかと推測した。

ゲスト解説者のフジテレビ相撲専属レポーター、

横野レイコ氏(55)は「怒る気持ちはわかるんです。

今の流れを聞くと」としながら、

「怒っている場合じゃなくて、

協会を正していくためには話し合ったり、

理事長に向かって

『あなた、そんなことしていたじゃないですか』とか、

もっとおっしゃったほうが良かったのに」

と残念がった。

また、「自分がしゃべらずに後援者の方が次々と出てきて、

いろんな情報を投げかけられる。

これ、後援者の方は貴乃花親方に許可をもらっているんですか?

親方にとってもプラスになっていないと思うんですよ」

と疑問を呈した。

コメンテーターとして出演している、

お笑い芸人のカンニング竹山(46)は

「この問題ってメディアがワイワイ言い出して、

協会も『これは対応しないとまずい』となったわけじゃないですか。

これでもし、貴乃花親方もワイワイいろいろしゃべってたら、

余計なことだらけになっていたと思うんですよね」と指摘。

「リング上の言い合いじゃないですけど、

『これ言ったぞ』『あれ言ったぞ』ってなるから、

親方はそういうことも含めてかたくなに黙る。

逆に荒らさないために。

そういう考え方もあるのかなと思う」

と持論を展開した。

元横綱日馬富士(33)が平幕貴ノ岩(27)に暴行した問題で、

貴乃花親方(45)と横綱白鵬(32)らモンゴル出身力士との対立の構図が鮮明となった。

モンゴル勢の「八百長疑惑」を報じた週刊新潮に日本相撲協会が抗議文送付を決めるなか、

元相撲協会外部委員で漫画家のやくみつる氏(58)は、

白鵬や日馬富士らの取組に一定の傾向がある可能性を指摘。

“疑惑の一番”を挙げ、

「貴乃花親方も不信感を抱いていることは確かだ」と明言する。

一方、鳥取県警は一両日中にも日馬富士を傷害容疑で書類送検する。

秋巡業中の暴行から約1カ月半。

日馬富士の引退と刑事事件化で一つの区切りを迎えるが、

角界の構造問題はむしろ表面化している。

貴ノ岩への聴取を拒否する貴乃花親方に対し、

協会側は懲戒処分を示唆、

冬巡業にも帯同させなかった。

白鵬が「貴乃花巡業部長の下で冬巡業には参加できない」と

批判したことを協会は結果として受け入れた形だ。

角界関係者は「貴乃花親方は『相撲道』を極めることを理想としており、

横綱はすべてを超越する存在ととらえている。

いまの協会の体制やモンゴル勢は、

自分の理想とは違うと感じているところに対立の原因がある」と話す。

その相撲のあり方をめぐり、

2007年の力士暴行死事件の際には再発防止検討委の外部委員を務めたやく氏は、

一部のモンゴル勢の取組に疑問を呈する。

白鵬と日馬富士、元横綱朝青龍(37)の取組について、

「その場所で成績が先行した者に『白星が収斂(しゅうれん)』していく傾向が強かったのではないか」と話す。

3人のうちの誰かが優勝をかけた一番を迎えると、

ほかの力士が本来の力を発揮していないように見えたというのだ。

なかでも

「朝青龍の引退後に、

日馬富士が白鵬に勝って横綱昇進を決めた一番は噴飯ものだった」

とやく氏は語気を強める。

その相撲とは、2012年秋場所千秋楽の結びの一番を指す。

14日まで日馬富士は全勝で、

白鵬は10日目に平幕の栃煌山に負けを喫していた。

日馬富士は2分近くの熱戦の末に白鵬を下手投げで破り、

2場所連続の全勝優勝を決めた。

会場は大歓声だったが、

やく氏は「最初から白鵬に攻める様子が全く見られなかった。

日馬富士の最後の下手投げをたえるようにトントントンと足を運ばせて倒れるあたり、

私の目には大相撲というよりは、

いかにも“見せ物”という感じにしか映らなかった」と振り返る。

ここ1、2年の優勝争いで、

結果的に割を食う形となったのが日本人横綱の稀勢の里(31)だった。

日馬富士と白鵬の千秋楽の取組で、

どちらかが負ければ稀勢の里との優勝決定戦になるという局面では、

優勝争いをしている側が勝ち、

決定戦を回避するというケースがあった。

やく氏は「それが“あうんの呼吸”によるものか、

そうでないかは分からないが、

白鵬と日馬富士の間でそうした『収斂』がなされることはいくらでもあったのではないか」と推察する。

貴乃花親方は今回の暴行問題で、

モンゴル人力士が集まる酒席で暴行が起きたために強硬姿勢を取っているとの観測もあるが、

やく氏は

「そこまで深謀遠慮があったなら、

もっと別の方法を取っているはずだ。

自分の大切な弟子が傷つけられたために行動を起こしたのだと思う」とみる。

ただ、

「貴乃花親方が白鵬に不信感を抱いていることは確かだ。

私が見てもこれまでおかしいと思う相撲がいくつもあった。

プロである親方がそれ以上のことを感じているのは間違いない」とやく氏は語る。

白鵬は、日馬富士が休場した九州場所で40回目の優勝を飾っており、

その実力を疑う者は誰もいない。

だが、日馬富士が引退したことで、

今後の賜杯争いの行方に変化は出てくるだろうか。

世間の反応を一部ご紹介致します。

・横野レイコさんは憶測を事実として公言してるけど、

それはいいのか?

・「怒っている場合じゃなくて、

協会を正していくためには話し合ったり、

理事長に向かって

『あなた、そんなことしていたじゃないですか』とか、

もっとおっしゃったほうが良かったのに」

出来ていれば 苦労しません。

・警察の発表が、またれますね。

それまで何も言えない。

・貴乃花親方にとってプラスにならないのは横野さんの発言。

・リアルタイムで観ていたけど、

横野さんは本当に酷いコメントで呆れました。

あと、この人「貴乃花親方は事前に報告していた」という証言の後、

特に動じず

「だったら〜してれば良かったのに」

とか言ってて、

あ、認めたのかなと思いました。

横野さんは実はそれも含めて全部知ってて黙ってたのでは?

〜してれば良かったのにって、

全部協会と日馬富士とその親方にブーメランですよ。

・今回の件で横野レイコにも疑いの目を持った人は多いのでは?

この人のコメントには私怨と協会との癒着を感じて嫌いになった。

随分今回の事で潤ってるようですが。

・胡散臭いのはモンゴル勢だけじゃない。

最後の九州場所も優勝を争っていた2力士が破れ白鵬が優位に立った。

その2人とも八角部屋だし。

・まぁでも、日馬富士の横綱を決める白鵬との一番はだいぶ臭いよね。

とりあえず耐えて、耐えて、よっとっと。

・白鵬と組んで八百長相撲してたとしたら八角の今回の腰の引け様も納得だし、

貴乃花親方の怒りも納得だな。

八角も白鵬もクビだな。

・日馬富士の暴行事件をきっかけに、

相撲界の闇が明らかになりそうだ。

白鵬はあきらかに胡散臭い。

真相究明をお願いします。

YouTube動画はこちら↓